超高速WordPress実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度
language

    WordPress5.0の推奨PHPバージョンについて

    WordPress

    こんにちは。
    こちらのページはWordPressで作成されたサイトのアプリケーション・サーバ保守運用をする部署の中の人が担当させていただきます。

    ご挨拶として弊社での保守・運用までの流れをご紹介したいと思います。

    大きく分けて2パターンありまして、
    1. 新規に制作したサイトをそのまま保守する
    2. 既存サイトを移設する
    のどちらかが弊社の保守・運用フェーズまでの通常の流れです。

    特に新規に制作したサイトをそのまま保守することができるのが弊社の強みであるかなと思います。
    サイトの中身を知り尽くしつつ、かつサーバ保守会社を探す手間が必要ないという点でお客様に大きくメリットを感じていただけるのではないでしょうか。

    また、既存サイトの移設もアプリケーション(WordPress)とサーバ(KUSANAGI)の両方で経験・実績があり、ご安心・ご納得いただける点が多い弊社ならではの流れではないかと思います。

    WordPressサイトの移設ノウハウにつきましては、弊社代表中村が執筆いたしました以下コラムで公開しておりますので、ぜひご覧くださいませ。
    @IT とにかく速いWordPress(第12回)

    さて、WordPressは日々アップデートを重ねていますが、バージョン5のリリース準備も着々と進んでおります。進捗は日々マイルストーンのURLで確認することができます。
    Make WordPress Core Milestone 5.0

    その中で注目しているのは以下チケットでして、バージョン5からはPHP7.2を推奨にしようという流れです。
    Make WordPress Core #42789 Bump recommended PHP version from 7.0 -> 7.2

    PHP5系で動いているサーバもある中で、バージョン5のリリースに合わせてアップデートを考えていたり、これから新規サイトを作成する際にバージョン5で作成を考えている方もいるかと思いますが、サーバがサポートしているPHPのバージョンも併せて検討すると後々のコストが下がるのではないかなと思います。

    今後はWordPressのアップデートに関する情報やサーバ構成を交えたWordPressサイトの運用について情報を発信していく予定です。
    ではよきWordPressライフを。

    ☆部署の紹介☆

    弊社が提供する運用の内容は主に以下のページから確認することができます。

    KUSANAGIマネージドプラン(おすすめ!)
    → サーバもサイトもまるっとお願いしたい企業様向けのプランです。
    KUSANAGIサポートプラン
    → KUSANAGIは自社で管理して、でもサイトの保守はお願いしたいなーというときのプランです。
    WordPressサポートプラン
    → KUSANAGI以外のサーバを自社で管理して、WordPressサイトだけの保守を依頼できるプランです。

    Webサイトのお悩み解決!個別相談会

    WordPress等CMSで構築されたサイトを運用中(もしくはご予定)で、様々な課題をお抱えの企業Webサイトご担当者様、「技術的にはよくわからないけれどマーケティング的にも改善をしたい」等とお考えのマーケティングご担当者様、「お客様のためにWebサイトについて聞きたい」「クラウドを導入したい」等お考えのWeb制作会社様などを対象に「【法人向け】Webサイトのお悩み解決!個別相談会」を開催しています。

    お客様の課題を解決するソリューション、
    条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

    ご相談・お問い合わせフォーム