超高速WordPress実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度
language

    WordPress4.9.4 リリース!さあ手動アップデート!

    WordPress

    こんにちは、マーケティング担当(CMO)の西牧です。

    今日のうぇぶたん

    昨日の今日でバージョンアップ?これしきで驚いてちゃあWeb担当はできません。

    前回はWordPress4.9.3のリリースをお伝えしました。
    …はい、前回=昨日です。

    ところがです。今朝いつものように社内のエンジニアチャットを見ると

    WordPress4.9.4リリース!

    ちなみに投稿時刻は夜中の「1:43」。大曲CTO(最高技術責任者)、情報はやすぎ(夜は寝てください)。

    すでにWordPress4.9.4がリリースされているではありませんか!

    WordPress4.9.4リリース

    昨日のバグを速攻直して今日発表するWordPress、やはりただものではない…。

    どうやらバージョン4.9.3のリリース後に自動更新機能に関する不具合が見つかり、WordPressの管理画面などから4.9.4へ手動アップデートをする必要があるとのことです。

    はい、わかりました。では手動アップデートを進めていきましょう。

    管理画面にログインします。「WordPress 4.9.4 が利用可能です !」とあります。「今すぐ更新してください」をクリックします。

    WordPressサイトの管理画面

    今回は自動アップデートがされないので、手動で行う必要があります。

    「WordPressの更新」画面が表示されました。

    WordPressの更新

    「今すぐ更新」を押したい気持ちを抑えて、まずはバックアップ。

    ①「重要: 更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください。」…ですよね。バックアップは大事です。行いましょう。ただしデータベースのバックアップはその知識がないと基本的にはできません。一般的な解決方法は次の2つです。

    1. データベースの知識を身に着けて自分でバックアップを行う(プラグインもあるそうです)。
    2. サイト担当の技術者にバックアップを頼む。

    ※もし1と2が難しい場合には、プライム・ストラテジーへぜひご依頼を。バックアップや万一の際のリストア(復元)も行っています。ご相談はこちらまでお気軽にどうぞ

    ②バックアップが済んだら「今すぐ更新」をクリックします。すると…

    WordPress4.9.4アップデート完了

    「…1個のバグを修正しました。」…バグ1個のために手間を惜しまない(惜しませない)WordPressのスタンス、男前です。

    手動アップデート完了です。「WordPressの更新」画面をリロードしてもう一度バージョン確認すると…ちゃんと最新バージョンになっていることがわかります。

    WordPressのバージョン確認

    「 今後のセキュリティ更新は自動的に適用されます」とあり一安心。苦労した(してない?)かいがあります。

    さあ、不具合が生じていないか、サイト全体の確認をしますよ!

    ※万一サイトが真っ白になってしまったなど緊急事態発生の際は、ぜひこちら「Webレスキュー ~ Webサイトのトラブルに緊急出動!をご一読ください。

    Webサイトのお悩み解決!個別相談会

    WordPress等CMSで構築されたサイトを運用中(もしくはご予定)で、様々な課題をお抱えの企業Webサイトご担当者様、「技術的にはよくわからないけれどマーケティング的にも改善をしたい」等とお考えのマーケティングご担当者様、「お客様のためにWebサイトについて聞きたい」「クラウドを導入したい」等お考えのWeb制作会社様などを対象に「【法人向け】Webサイトのお悩み解決!個別相談会」を開催しています。

    お客様の課題を解決するソリューション、
    条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

    ご相談・お問い合わせフォーム