WordPress高速化環境「KUSANAGI」のプライム・ストラテジー株式会社 累計稼働台数5万台突破!超高速CMS実行環境「KUSANAGI」稼働中 本サイト処理速度 0.000

自動更新中にエラーで止まった後、サイトが表示されなくなったら

WorePress2.7以降から導入された『自動アップデート』はとても便利な機能なんですが、アップデートの途中でネットワークが切れたりなどして終わってしまうと、こんなエラーが出てにっちもさっちもいかなくなります。

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.

コンソールやFTPから、手動で最新ファイルに上書きしてもこのエラーは消えてくれません。管理画面へのログインも出来ない。

これは、自動アップデートをする際のロックファイルがドキュメントルートに残ったままになってしまうのが原因です。

WordPressの自動アップデートは、アップデート中にアクセスがあって不具合が生じるのを防ぐために、自動アップデートの開始時にルートの位置に .maintenance というファイルを設置します。

このファイルは自動アップデートの終了時に自動的に削除されるんですが、先述のように自動アップデート自体が途中で終了してしまうと、このファイルが残ったままなにもできなくなります。 そんなときは、このファイルを手動で削除してから、全体を最新ファイルで上書きすればOKです。

Webサイトのお悩み解決!個別相談会

WordPress等CMSで構築されたサイトを運用中(もしくはご予定)で、様々な課題をお抱えの企業Webサイトご担当者様、「技術的にはよくわからないけれどマーケティング的にも改善をしたい」等とお考えのマーケティングご担当者様、「お客様のためにWebサイトについて聞きたい」「クラウドを導入したい」等お考えのWeb制作会社様などを対象に「【法人向け】Webサイトのお悩み解決!個別相談会」を開催しています。

お問い合わせ