WordPress高速化環境「KUSANAGI」のプライム・ストラテジー株式会社 累計稼働台数5万台突破!超高速CMS実行環境「KUSANAGI」稼働中 本サイト処理速度 0.000

WordPressで特定のページのコンテンツを表示

WordPressで、特定のページのコンテンツを引っ張ってきて表示させる方法。
下記の例だと、カテゴリ999から1件だけ取得し、そのタイトルとコンテンツを表示させている。


post_title ); ?>

post_content ; ?>

もちろん、get_posts()の引数を変更することによって、複数の記事のリストを表示させたりすることも可能。
ただしget_posts()関数を使う際には、foreachで回すキーとバリューに注意する。
Codexで紹介されているように$postsを使ってしまうと、それ以降のデータも書き換えられてしまう。
(それ以降に記述してある、通常の記事のループがこの記事データに上書きセットされる)

参照:
テンプレートタグ/get posts – WordPress Codex 日本語版

Webサイトのお悩み解決!個別相談会

WordPress等CMSで構築されたサイトを運用中(もしくはご予定)で、様々な課題をお抱えの企業Webサイトご担当者様、「技術的にはよくわからないけれどマーケティング的にも改善をしたい」等とお考えのマーケティングご担当者様、「お客様のためにWebサイトについて聞きたい」「クラウドを導入したい」等お考えのWeb制作会社様などを対象に「【法人向け】Webサイトのお悩み解決!個別相談会」を開催しています。

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ