超高速CMS実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度 0.000
language

カスタムフィールドの便利な使い方

WordPress

ループの中で、カスタムフィールドの値を表示してみる。

WordPressの公式ドキュメントによると

get_post_meta($post_id, $key, $single);
$post_id・・・IDを指定
$key・・・カスタムフィールドで指定したキー文字列
$single・・・true – 単一結果の文字列を取得 / false(default) – カスタムフィールドの配列を取得

とある。
が、このままでは指定したIDの値を取得するだけなので、「その記事のカスタムフィールドを自由に出力」するためにはこういうアレンジをする。

ID, field_name, true); ?>

$post->IDでそのループ内の記事のIDを取得する。「field_name」は表示させたいカスタムフィールドの名前を。
また、get_post_meta()関数は値の取得だけなので、echoを忘れずに。

カスタムフィールドに入力があるときだけ出力したい!

出力判定にもget_post_meta()関数を使う。
ID, field_name, true)) : ?>入力有り
これで、field_nameというカスタムフィールドに入力がある場合だけ、「入力有り」と表示される。

Webサイトのお悩み解決!個別相談会

WordPress等CMSで構築されたサイトを運用中(もしくはご予定)で、様々な課題をお抱えの企業Webサイトご担当者様、「技術的にはよくわからないけれどマーケティング的にも改善をしたい」等とお考えのマーケティングご担当者様、「お客様のためにWebサイトについて聞きたい」「クラウドを導入したい」等お考えのWeb制作会社様などを対象に「【法人向け】Webサイトのお悩み解決!個別相談会」を開催しています。

お客様の課題を解決するソリューション、
条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

ご相談・お問い合わせフォーム