超高速WordPress実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度
Language language icon

    カスタムフィールドの便利な使い方

    WordPress

    ループの中で、カスタムフィールドの値を表示してみる。

    WordPressの公式ドキュメントによると

    get_post_meta($post_id, $key, $single);
    $post_id・・・IDを指定
    $key・・・カスタムフィールドで指定したキー文字列
    $single・・・true – 単一結果の文字列を取得 / false(default) – カスタムフィールドの配列を取得

    とある。
    が、このままでは指定したIDの値を取得するだけなので、「その記事のカスタムフィールドを自由に出力」するためにはこういうアレンジをする。

    ID, field_name, true); ?>

    $post->IDでそのループ内の記事のIDを取得する。「field_name」は表示させたいカスタムフィールドの名前を。
    また、get_post_meta()関数は値の取得だけなので、echoを忘れずに。

    カスタムフィールドに入力があるときだけ出力したい!

    出力判定にもget_post_meta()関数を使う。
    ID, field_name, true)) : ?>入力有り
    これで、field_nameというカスタムフィールドに入力がある場合だけ、「入力有り」と表示される。

    KUSANAGI導入事例集プレゼント!

    100を超えるKUSANAGIとWordPressの導入事例がわかる『KUSANAGI導入事例集』(非売品)を無料でプレゼントいたします。是非以下のフォームからお申し込みください。




    お客様の課題を解決するソリューション、
    条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

    03-6551-2996/ご相談・お問い合わせフォーム 03-6551-2996

    ご相談・お問い合わせフォーム
    【法人向け】WordPressのお悩み解決!個別相談会(無料)を随時開催しています。
    To top