PR

ポケット型WiFiの評判とは?デメリットだらけ・意味ないという真相を解明!

ポケット型WiFi 評判
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ポケット型WiFihは外出先でWiFiを使いたい人にとって便利なサービスです。

しかし、利用者の評判を調べていると「デメリットだらけ」「意味ない」といった口コミも出てきます。

これからポケット型WiFiを契約しようと考えている人にとっては気になる評判でしょう。

そこでこの記事では、ポケット型WiFiの評判やメリット・デメリットを網羅的に紹介していきます。

那比光太(なびこうた)
こうた

最強のポケット型WiFi5選も紹介しているからサービス選びの際には参考にしてね。

この記事の監修者
小川正人 通信コンサルタント
小川正人

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。一時期は光回線を3社、携帯電話を15社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

目次をチェック
目次

最強のポケット型WiFi一覧表

最強のポケット型WiFi一覧表
本サイトでおすすめする最強のポケット型WiFiランキングは以下のとおりです。

サービス名 月額料金 実質月額料金
の目安
(契約期間)
契約年数 データ量
(1か月)
平気速度
BroadWiMAX
(ギガ放題フリープラン)
・初月:1,397円
・2か月目~:3,773円
4,901円 なし 無制限 上り:11.83Mbps
下り:69.93Mbps
AiR-WiFi ・3,245円
(縛りなしは+月額330円)
3,245円~ 1年orなし 100GB 上り:14.92Mbps
下り:25.39Mbps
ゼウスWiFi ・20GB:2,618円
・40GB:3,278円
・100GB:4,708円
3,221円 2年orなし 20GB~ 上り:10.02Mbps
下り:20.04Mbps
縛りなしWiFi ・10GB:1,980円
・30GB:2,800円
・60GB:3,480円
・90GB:3,940円
2,356円~ なし 10GB~ 上り:13.12Mbps
下り:15.1Mbps
Mugen WiFi ・3,500円
(縛りなしは+月額550円)
3,232円 2年orなし 100GB 上り:9.34Mbps
下り:14.46Mbps

※平均速度は「みんなのネット回線速度」を参照

5種類のポケット型WiFiがありますが、この中だとBroadWiMAXがもっともおすすめです。

BroadWiMAXはほかのポケット型WiFiより平均速度が速くなっています。

平均下り速度を他社と比べると倍以上も差があるので、速度を意識する人には特におすすめです。

\最大40,000円キャッシュバック/

「BroadWiMAX」はこちら

「BroadWiMAX」公式サイトはこちら>>

ポケット型WiFiに関する悪い評判・口コミ2選

口コミ
ポケット型WiFiの速度や料金に関する悪い評判をそれぞれ解説していきます。

速度と料金について何が悪いと感じているのか確認してみてください。

ポケット型WiFiの速度に関する悪い評判

ポケット型WiFiの速度に関する悪い評判を見ると「遅い」「繋がりづらい」という声が目立ちました。

特に速度が遅いと感じる人は多いです。

那比光太(なびこうた)
こうた

ポケット型WiFiは自宅で使う光回線と比べると遅いので、その影響で「ポケット型WiFiは遅い」というイメージが強いのかもね。

ポケット型WiFiの料金に関する悪い評判

「ポケット側WiFiは料金が高い」「料金形態がよくわからない」というコメントがありました。

ポケット型WiFiは回線サービスの中でも料金が安いですが、それでも3,000円ほどかかります。

那比光太(なびこうた)
こうた

ポケット型WiFiが必須でない人にとっては、毎月3,000円もかかると大きいだろうね。

また、ポケット型WiFiは料金システムがわかりづらいという声もありました。

一部のポケット型WiFiは利用月に応じて料金が変わるので、その影響でわかりづらいと感じる人もいます。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ポケット型WiFiを契約する際はよく料金形態を確認しておいた方が良さそうね。

ポケット型WiFiに関する良い評判・口コミ2選

口コミ
続いてポケット型WiFiの良い評判を紹介していきます。

速度と料金の2項目で紹介していくのでチェックしてみてください。

ポケット型WiFiの速度に関する良い評判

ポケット型WiFiの速度に関する評判を見ると「WiMAXの速度が速い」という声が多かったです。

一般的にポケット型WiFiは速くありませんが、その中でもWiMAXは平均速度が高くなっています。

那比光太(なびこうた)
こうた

なるべく速度の速いポケット型WiFiを使いたい人はWiMAXを選択しよう。

ポケット型WiFiの料金に関する良い評判

通信費を削減したいと思っていたので利用しました。
これまで契約していたものよりも月々に3000円ほど安く済むため、魅力を感じました。
値段が安いので、以前のものよりも通信速度は悪くなってしまうかなと思っていたのですが、通信速度にそれほど問題はありません。

引用:みん評

ポケット型WiFiを使っている人の中には料金が安いと感じている人もいます。

よく外出先でWiFiを使う人にとっては、月々3,000円程度で通信料を抑えられるのはメリットが大きいと感じるでしょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

料金が高く感じるかどうかは、外出先でデータ通信をよく利用するかどうかが大きく影響してきそうね。

ポケット型WiFiのメリット5つ

メリット
利用者の評判を見る限り賛否両論あるポケット型WiFiですが、主に5つのメリットがあります。

では5つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.場所を問わずに使える

ポケット型WiFi最大のメリットは場所に関係なく使えるところです。

回線サービスにはホームルーターや光回線もありますが、これらは自宅でしか使えません。

ホームルーターはコンセントに挿して使い、光回線は自宅で使うことが必須となっています。

自宅用のWiFiを探している場合にはおすすめですが、外出用のWiFiとなるとまったく使えません。

一方でポケット型WiFiは、電波を発信するモバイル型のルーターとなっています。

充電さえしておけばスマホのように持ち歩けるので、自宅だけでなく外出先でも使えるので便利です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

外出先でWiFiを使おうと思ったらフリーWiFiスポットまで移動する必要があるから、自分専用のWiFiがあると良さそうね。

那比光太(なびこうた)
こうた

特に外出先でパソコンを使う社会人や移動時間中も思いっきりスマホを使いたい人にはぴったりだよ。

2.月額料金が安い傾向にある

ポケット型WiFiはほかの回線サービスと比べると料金が安い傾向にあります。

タイプ 月額料金
ポケット型WiFi
(BroadWiMAX)
初月:1,397円
2か月目~:3,773円
ホームルーター
(モバレコエアー)
1か月目~2か月目:2,167円
3か月目~24か月目:3,679円
25か月目~:5,368円
光回線
(ドコモ光)
戸建て:5,720円~
マンション:4,400円~

それぞれのタイプでもっとも値段が高い月額料金を見ると、ポケット型WiFiがかなり安いことがわかるでしょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

今回はBroadWiMAXの料金を出したけど、安いポケット型WiFiだと月額3,000円程度から使えるよ。

3.注文すれば数日後には使える

ポケット型WiFiの大きな魅力が注文後すぐに使えるところです。

ドコモ光やauひかりなどの光回線は通信速度が速くて安定していますが、利用するためには自宅を工事しなければいけません。

工事は時間がかかることが多く、注文してから実際にWiFiを使うまで2週間から1か月ほど必要です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

通信速度の質が良いのは魅力だけど、利用できるまで時間がかかるのは残念ね。

一方でポケット型WiFiは工事が必要ありません。

充電されたモバイル型ルーターさえあれば良いので、端末が到着すればすぐにWiFiへ繋げられます。

急ぎの用事でWiFiを使いたい場合にはぴったりと言えるでしょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

ポケット型Wi-Fiの中には、端末を最短当日で発送してくれるサービスも多いから早ければ翌日から使えるよ。

4.一台で複数の端末に接続できる

ポケット型Wi-Fiは一台で複数の端末と接続できるのも魅力のひとつです。

たとえば、ポケット型Wi-Fiが一台あればスマホやパソコンを同時に接続できます。

同時接続に関してはスマホのテザリング機能でも可能です。

しかし、テザリング機能は以下のデメリットがあります。

  • テザリングする側のスマホを使えない
  • 大量のデータ通信を消耗する
  • 充電の減りが速くなる

このようにスマホのテザリングは使いやすいとは言えません。

しかし、ポケット型WiFiならテザリングのデメリットは解消されます。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ポケット型Wi-Fiがあれば外出先でも快適にWiFiを使えるのね。

5.セキュリティが高いから安心して使える

ポケット型WiFiはSSIDとパスワードによってセキュリティが確保されています。

最近では外出先でフリーWiFiを設置されていることも珍しくありません。

フリーWiFiがあると、外出先でお金をかけずに接続できるので非常に便利です。

那比光太(なびこうた)
こうた

フリーWiFiを使えばポケット型Wi-Fiのレンタル費もかからないのでお財布にもやさしいね。

ただ、フリーWiFiはだれでも利用できるのがデメリットです。

セキュリティが甘くなっているので、場合によっては盗撮や盗聴、のぞき見などの被害にあう可能性もあります。

仮にフリーWiFiでSNSにログインしたり、決済情報を入力したりすると、そこから個人情報流出のリスクもあります。

フリーWiFiは便利なサービスですが、セキュリティの甘さが大きなデメリットと言えるでしょう。

一方でポケット型WiFiは、利用するためにSSIDやパスワードが必要です。

フリーWiFiのように誰でも使える仕組みになっていないので、個人情報が漏洩することも基本的にありません。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

外出先で安全にWiFiを使うならポケット型Wi-Fiの方が安心ってことね。

ポケット型WiFiのデメリット5つ

デメリット
ポケット型Wi-Fiには5つのメリットがありましたが、以下のデメリットもあります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

デメリットも5つなら特にポケット型WiFiがデメリットだらけということはなさそうね。

続いて5つのデメリットを順番に紹介していきます。

1.通信速度が光回線と比べると遅い

ポケット型Wi-Fiは光回線と比べたときに速度が遅くなっています。

回線名 平均上り速度 平均下り速度
BroadWiMAX
(Galaxy 5G)
11.83Mbps 69.93Mbps
ドコモ光 223.64Mbps 269.24Mbps
ソフトバンク光 227.85Mbps 308.82Mbps
auひかり 432.4Mbps 474.2Mbps
NURO光 448.96Mbps 471.93Mbps

※平均速度は「みんなのネット回線速度」を参照

このようにポケットがWiFiはかなり遅いことがわかるでしょう。

光回線の何倍も速度が出ていないので、普段から光回線を使っている人にとっては繋がりづらいと感じます。

那比光太(なびこうた)
こうた

自宅で使うWiFiに速度の速さを重視するなら圧倒的に光回線の方が良いよ。

ちなみに上りや下りで求められる速度の目安は以下のとおりです。

通信方法 通信内容 速度の目安
上り メールやSNSのメッセージ送信 1Mbps
SNSの写真投稿 3Mbps
ライブ配信 6Mbps
SNSやYouTubeなどの動画投稿 10Mbps
下り メールやSNSのメッセージ受信 128Kbps〜1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧 1Mbps〜10Mbps
動画視聴
(YouTubeでHD画質)
5Mbps以上
動画視聴
(NetflixでUHD画質)
25Mbps以上
オンラインゲーム 30Mbps~100Mbps以上

BroadWiMAXの場合は平均上り速度が11.83Mbps、平均下り速度は69.93Mbpsでした。

数値を見る限り、SNSやYouTubeなどの動画投稿とオンラインゲームのプレイは厳しいです。

しかし、そのほかの作業はスムーズに行える可能性が高いので、負荷のかかりづらい操作であれば十分に使えます。

2.データ容量が設定されているポケット型WiFiもある

ポケット型Wi-Fiの中には「1か月あたり〇GMまで使用可能」と制限がかかっているタイプもあります。

仮に制限を超えてデータ量を使用すると、速度制限がかかってまともに利用できません。

那比光太(なびこうた)
こうた

データ容量があるポケット型Wi-Fiは料金が安いメリットもあるから、普段からの使用量に合わせて選ぶことが大切だよ。

3.速度制限がかかることもある

ポケット型WiFiには速度制限があります。

1か月あたりの使用量が決まっているポケット型WiFiは、そのデータ量を超えて使用すると制限がかかります。

制限がかかると128Kbpsまで速度が下がるので、ほぼ何もできません。

また、ポケット型WiFiの中にはデータ容量が無制限のものがありますが、無制限でも速度制限がかかります。

たとえば、データ量無制限のBroadWiMAXでは、短期間に大量のデータを使うと速度制限がかかる仕組みになっています。

那比光太(なびこうた)
こうた

特に動画視聴のようなデータ容量が多い作業をする人は注意しておこう。

4.充電が切れると使えなくなる

ポケット型WiFiは基本的にモバイルルーターを充電して使う仕組みになっています。

充電タイプなので外出先でも使えるのが大きなメリットです。

しかし、端末の充電が切れてしまうと一切使えません。

特に長時間WiFiを使う人だと、充電が切れやすいので注意する必要があります。

ポケット型WiFiを使用する予定がある人は、必ず外出までに満充電にしておきましょう。

満充電にしておけば基本的に10時間前後もつので、めったに充電がなくなることがありません。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

夜寝る前にスマホと一緒にポケット型WiFiも充電しておくと安心ね。

5.同時に接続できる台数が多くない

ポケット型WiFiは同時に接続できるところが魅力のひとつですが、実は同時接続台数が多くありません。

タイプ 同時接続台数
ポケット型WiFi
(BroadWiMAX)
・Speed Wi-Fi 5G X11:16台
・Galaxy 5G mobile Wi-Fi:10台
ホームルーター
(モバレコエアー)
・Airターミナル4NEXT:128台
光回線
(ドコモ光)
無制限

ほかの回線サービスと比べるとポケット型WiFiの同時接続台数はかなり少ないと言えます。

那比光太(なびこうた)
こうた

特に会社で使う場合は10台だと物足りないかもね。

ただ、一般利用であれば同時接続台数が10台でも問題ありません。

ちなみに同時接続台数が増えると速度に影響してくるので覚えておきましょう。

ポケット型WiFiが向いている人の特徴

特徴
ポケット型WiFiは以下のような人におすすめです。

  • 外出先でWiFiを使いたい
  • なるべく早くWiFiを使いたい
  • そこまでWiFiを使わない
  • 自宅に光回線を引けない

特に外出先でWiFiを使いたい場合はポケット型WiFiがおすすめです。

ホームルーターや光回線は外出先で使えないので、ほかの回線サービスより唯一優れたメリットだと言えます。

逆に以下のような人にはポケット型WiFiは向いていません。

  • 通信速度を重視している
  • オンラインゲームをプレイしたい
  • 高画質の動画を視聴したい
  • データ容量を気にせずWiFiを使いたい

上記の特徴に当てはまる人にはホームルーターや光回線の方が向いています。

ホームルーターや光回線に興味がある人は「ポケット型WiFiが向いていない人におすすめの回線2種類」を参考にしてください。

ポケット型WiFi選びで失敗しないためのポイント

POINT
ポケット型WiFiを選ぶ際は以下のポイントを意識することが大切です。

では5つのポイントを順番に解説していきます。

1.実質月額料金をチェックする

ポケット型WiFiを選ぶ際は実質月額料金を確認しましょう。

実質月額料金とは、月額料金や端末代などの費用からキャッシュバックのようなキャンペーンによって割り引かれた料金のことです。

ポケット型WiFiを買う際によく月額料金を見る人がいますが、月額料金だけだとあまりあてになりません。

たとえば、同じ月額料金でも以下のようにキャンペーンや端末代の有無によって実質月額料金はいくらでも変わります。

2年間の累計月額料金 キャッシュバック 端末代 計算式 実質月額料金
100,000円 20,000円 無料 (100,000-20,000)÷24 約3,333円
100,000円 20,000円 20,000円 (100,000-20,000+20,000)÷24 約4,166円
100,000円 なし 20,000円 (100,000+20,000)÷2 5,000円

2年間の月額料金は変わりませんが、さまざまな条件を組み合わせることによって実質月額料金は変動します。

もちろん月額料金も大切ですが、より大切なのは実質月額料金なのでしっかりと確認しておきましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

2年間の実質月額料金が80,000円以下だとコスパの良いポケット型WiFiだと言えるよ。

2.使い道に応じてデータ容量を合わせる

ポケット型WiFiを選ぶ際はデータ容量もしっかりと確認しておきましょう。

どのポケット型WiFiにもデータ容量が設定されていて、その容量を超えて利用することはできません。

たとえば、1か月で40GBの場合は40GB以上使うと速度制限がかかります。

40GBで足りない場合はより多いデータ容量のプランを選ばなければいけません。

逆に1か月で40GBも使わない場合は、その分料金がもったいないことになります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ポケット型WiFiをお得に使うには、まず自分がどれだけのデータを使うのか確認することが大切なのね。

ちなみに100GBを使う場合の目安が以下のとおりです。

サービス名 100GB 1日あたりに使える時間
Spotify 約2,083時間20分 約24時間
YouTube 約12時間13分 約5時間16分
Netflix 約333時間20分 約10時間45分
Amazonプライムビデオ 約166時間40分 約5時間22分
U-NEXT 約416時間40分 約13時間26分
TikTok 約185時間 約6時間
LINE通話 約5,550時間 約24時間

基本的には1か月で100GBもあれば足ります。

100GBで足りない場合は、BroadWiMAXのようなデータ無制限タイプを利用しましょう。

3.平均速度が速いサービスを選ぶ

ポケット型WiFiは基本的に速度が遅いですが、その中でも優劣はあります。

たとえば、平均下り速度が約20Mbpsしかないタイプもあれば、50Mbpsを超えるタイプもあります。

平均速度はポケット型WiFiによって異なるので、購入前には「みんなのネット回線速度」で確認しておきましょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

速度が大切なことはわかったけど、なんで最大速度ではなく平均速度を見ることが大切なの?

それぞれのポケット型WiFiを見ると、最大速度を宣伝していることも多いです。

そのため最大速度を参考にして買う人も珍しくありません。

しかし、実際に使うとわかりますが、最大速度が出ることはほとんどなく、実測値は大きく下回るものです。

WiFiは利用環境によって大きく速度が変わるので、平均的にどれくらいの速度が出ているのかを見ることが大切です。

那比光太(なびこうた)
こうた

最大速度はサービス選びの参考になるけど、そこまで重要な項目ではないから注意してね。

4.エリア内で使えるかどうか見る

ポケット型WiFiを選ぶ際はエリア内に含まれるかどうかも見ておきましょう。

たいていのポケット型WiFiは全国に対応していますが、まれに一部地域が対象外となっていることもあります。

端末を購入してから対象エリア外だと知っても手遅れなので、購入前に確認しておくことが大切です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ポケット型WiFiの対応エリアはどうやってチェックすれば良いの?

ポケット型WiFiの対象エリアを確認するには、まずそのサービスがどの回線を利用しているのか調べなければいけません。

【ポケット型WiFiでよく採用される回線】

まずはポケット型WiFiの公式サイトで、どの回線を利用しているか確認しましょう。

利用可能回線を確認したあとは、回線のホームページからエリアをチェックすれば大丈夫です。

5.契約期間による縛りの有無をチェックする

ポケット型WiFiの中には縛りを設けていることがよくあります。

縛りがあるプランは少なくともその期間は利用しなければいけません。

仮に契約期間中に解約すると数千円から数万円の違約金が発生します。

那比光太(なびこうた)
こうた

解約で違約金を支払うのはもったいないので、契約期間はよく確認しておこう。

解約金が嫌な場合は、最初から契約期間がないサービスを選ぶのもおすすめです。

契約期間がなければ好きなタイミングで解約できます。

ポケット型WiFiのおすすめランキング5社を徹底比較

徹底比較
ポケット型WiFiのおすすめサービスは以下のとおりです。

サービス名 月額料金 実質月額料金
の目安
(契約期間)
契約年数 データ量
(1か月)
平気速度
BroadWiMAX
(ギガ放題フリープラン)
・初月:1,397円
・2か月目~:3,773円
4,901円 なし 無制限 上り:11.83Mbps
下り:69.93Mbps
AiR-WiFi ・3,245円
(縛りなしは+月額330円)
3,245円~ 1年orなし 100GB 上り:14.92Mbps
下り:25.39Mbps
ゼウスWiFi ・30GB:980円
・50GB:1,480円
・100GB:1,980円
3,221円 2年orなし 20GB~ 上り:10.02Mbps
下り:20.04Mbps
縛りなしWiFi ・10GB:1,980円
・30GB:2,800円
・60GB:3,480円
・90GB:3,940円
2,356円~ なし 10GB~ 上り:13.12Mbps
下り:15.1Mbps
Mugen WiFi ・3,500円
(縛りなしは+月額550円)
3,232円 2年orなし 100GB 上り:9.34Mbps
下り:14.46Mbps

※平均速度は「みんなのネット回線速度」を参照

では各ポケット型WiFiの特徴を解説していきます。

1.BroadWiMAX:速度が速い

インターネット乗換えで契約解除料負担 - 【公式】Broad WiMAX

月額料金 ・初月:1,397円
・2か月目~:3,773円
契約年数 なし
端末代金 21,780円
データ量
(1か月)
無制限
実質月額料金の目安
(契約期間)
4,901円
端末の種類 ・Speed Wi-Fi 5G X11
・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・ Speed Wi-Fi HOME 5G L11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
利用可能回線 WiMAX 2+、au 4G LTE、au 5G
平均速度
(Galaxy 5G)
上り:11.83Mbps
下り:69.93Mbps
キャンペーン内容 ・最大40,000円キャッシュバック
・指定のクレジットカードを使うと初期費用無料
・8日以内の申請で初期契約解除制度
・2台同時申込で5,000円キャッシュバック
・解約サポート
・スマホセット割

※ギガ放題フリープランの情報

BroadWiMAXはポケット型WiFiの中でも速度が速いサービスです。

ほかのポケット型WiFiより平均下り速度が約40Mbps高くなっています。

「ポケット型WiFiの中でも速度がほしい」という場合にはおすすめです。

また、BroadWiMAXはキャンペーンも充実しています。

特に他社からの乗り換えキャンペーンが豪華で、最大41,000円を負担してもらうことが可能です。

那比光太(なびこうた)
こうた

すでに他社の回線サービスを利用している場合に発生する解約金を最大41,000円まで負担してくれるから豪華だね。

他社の違約金キャンペーンを受けない場合でも、新規登録すれば5,000円キャッシュバックしてもらえるのでお得です。

\速度を重視する人向け/

「BroadWiMAX」はこちら

「BroadWiMAX」公式サイトはこちら>>

2.AiR-WiFi:1か月で100GBまで使える

AiR-WiFi

月額料金 ・3,245円
(縛りなしは+月額330円)
契約年数 1年
端末代金 無料
データ容量
(1か月)
100GB
実質月額料金の目安
(契約期間)
3,278円~
端末の種類 CLOUD AIR WiFi G4
利用可能回線 au・ソフトバンク・ドコモLTE回線
平均速度 上り:14.92Mbps
下り:25.39Mbps
キャンペーン内容 30日間無料お試し

AiR-WiFiは100GB使えるポケット型WiFiの中でもトップクラスに月額料金が安いサービスです。

たとえば、ゼウスWiFiの場合は100GBで1,980円も発生します。

AiR-WiFiは料金が格安なので、100GBのポケット型WiFiを使いたい人におすすめです。

また、AiR-WiFiは月額+330円することで縛り期間をなくすこともできます。

契約期間の縛りを受けたくない場合はオプションを付けると良いでしょう。

\100GBを格安で使える/

AiR-WiFi」はこちら

AiR-WiFi」公式サイトはこちら>>

3.ゼウスWiFi:20~100GBプランがある

ゼウスWifi

月額料金 ・30GB:980円
・50GB:1,480円
・100GB:1,980円
契約年数実質月 2年or縛りなし
端末代金 無料
データ容量
(1か月)
30GB・50GB・100GB
実質月額料金の目安
(契約期間)
3,221円(100GB)
端末の種類 H01
利用可能回線 au・ソフトバンク・ドコモLTE回線
平均速度 上り:10.02Mbps
下り:20.04Mbps
キャンペーン内容 初月から最大10か月値引き(縛りありプランのみ)

ゼウスWiFiは30GB・50GB・100GBの3種類のプランが用意されています。

自分のデータ量に合わせてGB数を選べるので便利です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

データの使用量に合わせて3種類のプランから選べるのは良いね。

ちなみに、ゼウスWiFiは縛りありプランで契約すると、月額料金が50%~55%もお得になります。

ゼウスWiFiを利用する際は縛りありプランを利用するのがおすすめです。

\3つのプランから選べる/

ゼウスWiFi」はこちら

ゼウスWiFi」公式サイトはこちら>>

4.縛りなしWiFi:格安の縛りなし回線

月額料金 ・10GB:1,980円
・30GB:2,800円
・60GB:3,480円
・90GB:3,940円
契約年数 なし
端末代金 無料
データ容量
(1か月)
10GB、30GB、60GB、90GB
実質月額料金の目安
(契約期間)
2,356円~
端末の種類 ・H01
・U3
利用可能回線 ソフトバンク回線、WiMAX回線
平均速度 上り:13.12Mbps
下り:15.1Mbps
キャンペーン内容 ・はじめておトクキャンペーン
・期間限定キャッシュバック

縛りなしWiFiは文字通り契約期間に縛りがないサービスです。

いつ解約しても違約金が発生しないので、契約ありプランと違って気軽に利用できます。

縛りなしWiFiはプランが充実しているのも特徴です。

一番少ないプランだと10GBから使えるので、少しだけポケット型WiFiを使いたい人にも向いています。

那比光太(なびこうた)
こうた

10GBだと料金も安くなるので、無駄なくポケット型WiFiを使いたい人にはぴったりだよ。

\10GBから利用できる/

「縛りなしWiFi」はこちら

「縛りなしWiFi」公式サイトはこちら>>

5.Mugen WiFi:10,000円のキャッシュバックあり

Mugenwifi

月額料金 ・3,500円
(縛りなしは+月額550円)
契約年数 2年
端末代金 無料
データ容量
(1か月)
100GB
実質月額料金の目安
(契約期間)
3,232円
端末の種類 MUGEN WiFi
利用可能回線 au・ソフトバンク・ドコモLTE回線
平均速度 上り:9.34Mbps
下り:14.46Mbps
キャンペーン内容 ・10,000円キャッシュバック
・1か月お試しモニター

Mugen WiFiはAiR-WiFiと同じで1か月で100GBを使えるタイプのポケット型WiFiです。

料金はAiR-WiFiの方が安いですが、Mugen WiFiには10,000円のキャッシュバックが付いてきます。

キャッシュバックが適用されると実質月額料金が3,232円まで下がるのでコスパが良いです。

那比光太(なびこうた)
こうた

Mugen WiFiは月額+550円で縛りなしにできるから、短期利用の場合はオプションを付けるのがおすすめだよ。

\実質月額3,232円で100GB使える/

「Mugen WiFi」はこちら

「Mugen WiFi」公式サイトはこちら>>

ポケット型WiFiが向いていない人におすすめの回線2種類

回線2種類
ポケット型WiFiが自分に向いていないと感じる場合は以下の回線サービスを利用しましょう。

では2種類の回線サービスについて特徴やおすすめサービスを紹介していきます。

ホームルーター:コンセントに挿すだけで使える

ホームルーターはコンセントに挿して使うタイプのWiFiです。

ポケット型WiFiと同じで工事の必要はありません。

那比光太(なびこうた)
こうた

自宅に端末が届き次第WiFiを使えるよ。

ホームルーターのおすすめサービスが「モバレコエアー」です。

モバレコエアーは利用期間に応じて月額料金が変わります。

  • 1か月目~2か月目:2,167円
  • 3か月目~24か月目:3,679円
  • 25か月目~:5,368円

2年目までの料金が特に安いので、コスパよくホームルーターを使いたい場合にぴったりです。

また、モバレコエアーは平均下り速度は60.77Mbpsあるので、一般的なポケット型WiFiよりも速くなっています。

速度を求めている人にもモバレコエアーはおすすめです。

\17,000円のキャッシュバックあり/

モバレコエアー」はこちら

モバレコエアー」公式サイトはこちら>>

光回線:工事が必要だけど通信速度が速い

光回線はポケット型WiFiやホームルーターと違って自宅を工事する必要があります。

事情があって開通工事ができない場合には利用できません。

ほかの回線と違って利用しやすさでは劣りますが、その分通信の質が圧倒的に良いです。

たいていの光回線で平均下り速度が200Mbpsも出るので、快適に動画を見たりオンラインゲームをプレイしたりできます。

那比光太(なびこうた)
こうた

自宅を工事できて、自宅でWiFiを使いたい場合は光回線一択だよ。

光回線はさまざまなサービスが提供していますが、その中でもドコモ光はおすすめです。

GMOとくとくBB

ドコモ光は以下のキャンペーンを実施しています。

  • 47,000円キャッシュバック
  • 工事費無料

ドコモ光はキャッシュバックが多く、特別な条件もないのでお手軽に47,000円を獲得できます。

さらに、工事費にいたっては無料なので初期費用を抑えることも可能です。

那比光太(なびこうた)
こうた

ドコモ光ならお得に光回線を導入できるよ。

ちなみにドコモスマホを持っている場合は、スマホの月額料金が最大1,100円割引きされます。

特にドコモユーザーにはおすすめの光回線です。

\初期費用を大幅に抑えられる/

「ドコモ光」はこちら

「ドコモ光」公式サイトはこちら>>

ポケット型WiFiに関するよくある質問3選

よくある質問
ポケット型WiFiに関するよくある質問について回答していきます。

これからポケット型WiFiの利用を検討している人は確認してみてください。

ポケット型WiFiはスマホの機種とは異なる他社でも使えるの?

ポケット型WiFiとスマホの機種は別々でも問題ありません。

たとえば、ドコモユーザーがauの回線に対応しているBroadWiMAXを利用することも可能です。

ポケット型WiFiとスマホの機種は関係ないので、特に合わせる必要はありません。

ただ、ポケット型WiFiの中にはスマホ割を採用しているケースもあります。

スマホ割とは、指定のスマホを持っている人が受けられるキャンペーンの一種です。

たとえば、BroadWiMAXだと以下のスマホセット割が適用されます。

  • UQモバイル:最大858円/月引き
  • auスマホ:最大1,100円/月引き

スマホセット割が適用されるとスマホ代が毎月お得になります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ポケット型WiFiを選ぶときはスマホ割の有無も確認しておいた方が良さそうね。

ポケット型WiFiと別の回線サービスを併用するのはありなの?

ポケット型WiFiをホームルーターや光回線と併用するのはありです。

別々に使用することで以下のメリットがあります。

  • ポケット型WiFiのデータ使用量や月額料金を抑えられる
  • 自宅と外出先の両方がWiFiを使える

ポケット型WiFiと光回線を同時に使うと、自宅では光回線、外出先ではポケット型WiFiと使い分けることができます。

光回線は速度が速いですが、自宅以外で使えないのがデメリットです。

ポケット型WiFiは光回線のデメリットを補えます。

一方でポケット型WiFiは、短期間に使いすぎると速度制限がかかるところがデメリットです。

しかし、光回線なら速度制限がかからないので思う存分通信を利用できます。

このように光回線とポケット型WiFiは、お互いのデメリットを打ち系合う関係にあります。

そのためポケット型WiFiと光回線を同時に契約するのはおすすめです。

ポケット型WiFiって初心者でもかんたんに設定できるの?

ポケット型WiFiは誰でも接続できるように設定されています。

一般的なポケット型WiFiの繋ぎ方は以下のとおりです。

  1. 端末にSIMカードを挿入する
  2. 端末の電源ボタンを3秒~5秒押す
  3. ポケット型WiFiが起動したらSSIDとパスワードを入力する
  4. 端末のWiFiが起動する
  5. スマホやパソコンのWiFi設定画面から接続する

届いた端末にSIMカードを挿入し、あとはSSIDとパスワードを入力することで機能します。

ポケット型WiFiの設定が終われば、スマホやパソコンからWiFiを設定するだけです。

那比光太(なびこうた)
こうた

普段からスマホやパソコンを使っている人にとってはかんたんな手続きだよ。

万が一、接続方法がわからない人でも説明書やサポートを利用すればWiFiに繋げられます。

ポケット型WiFiの評判 まとめ

まとめ
ポケット型WiFiの評判を見ると、速度が遅いと不満に感じている人が多いです。

特に光回線と比べたときにポケット型WiFiは大きく速度が落ちるので、通信速度を求める人には「意味がない」と感じてしまいます。

正直ポケット側WiFiは速度が速くないので、スピードを求める人にはおすすめしません。

自宅で快適な通信を利用したいなら、通信の質が良い光回線がおすすめです。

ポケット型WiFiには速度が遅いデメリットもありますが、外出先でも使えるという最大のメリットがあります。

外出先で気軽に使えるのはポケット型WiFiの強みなので、自宅以外でWiFiを使いたい場合にはぴったりです。

那比光太(なびこうた)
こうた

ポケット型WiFiの中には縛りなしプランもあるから、まずは縛りなしで試してみるのもおすすめだよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

月間60万人が訪れるインターネット総合情報サイト「わたしのネット」編集部です。わかりやすいコンテンツを評価していただき、大手総合ニュースサイトの「マイナビニュース」や人気雑誌のWebメディア「GetNavi web」など多くのメディア様で記事を執筆しています!KUSANAGIをはじめとするインターネットサーバー会社のプライム・ストラテジー監修のもと皆さんにとって分かりやすいコンテンツを提供いたします!

◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がプライムインターネット比較に還元されることがあります。
◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。
◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。
◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。
◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。

記事の感想をお聞かせください。

コメントする

目次