処理速度計測中:0.007 sec  ページキャッシュは使用しておりません。

WordPressによるCMS構築

コーポレートサイト

コーポレートサイト

SEO・ソーシャル対応、更新を容易にするシステム設計など、WordPressの強みを最大限に活かしたサイトをご提案します。

コーポレートサイトに求められているもの

コーポレートサイトのリニューアルの場合、ECサイトやメディアサイトのようにゴールが比較的定めやすいサイトと異なり、会社情報やサービス紹介などすでに持っているコンテンツの焼き直しや、デザインが古くなったので新しくするといった状況に得てして陥りがちです。
このような場合リニューアルにおいてWordPressを導入したとしても、見た目は新しくなったがリーチしたい顧客には見られていない、リニューアルによってコンテンツは新しくなったが、その後は特に更新は行われないというケースが起こることとなります。

弊社にコーポレートサイトリニューアルのご相談をいただく際、次のような声をよく聞きます。

  • 前回のリニューアルでWordPressを導入したけど、結局ほとんど使われずWeb担当者がニュースの更新くらいにしか使っていない
  • 事例紹介の更新をしたくてWordPressを導入したけど、レイアウトが複雑で自分たちで追加すると表示が崩れてしまう。結局制作会社に依頼してコストが余計にかかっている。
  • 製品情報を管理画面から行えるようにしたが、製品情報が増えてきた頃から検索結果表示が遅くなり、実用に耐えられない。お客さんからも不満が出ている
  • 採用情報などのためPCサイトとスマホサイトの2サイト運用しているが、手間が2倍かかって大変。更新漏れのリスクなど構築コスト以上に運用コストがかかっている

コーポレートサイトの場合、何のためにWordPressを導入するのか、それを実現させるためにどのようにWordPressの実装を行う必要があるのか、という視点が非常に重要になります。
これを実現させるために豊富なWordPressサイトの経験・実績、知識と技術が必要になります。

企業が持つコーポレートサイトでは最新ニュースの更新やお問い合わせフォームが設置されている程度で十分ではないかと思われがちですが、最近の動向としては上場企業であればIR情報であったり、新卒大学生へ向けたリクルートコンテンツなども求められることが多くなってきました。
学生向けのサイトではスマートフォン対応が必須となり、企業研究に向けたコンテンツの充実や先輩の声などのコンテンツの追加・改修が簡易にできることが特に必要とされています。

大型および複数サイト

社内向けコンテンツも拡充

WordPressの優れているところは、ユーザーごとの権限の設定やコンテンツの表示・非表示をコントロールできるところにもあります。社内連絡ツールとして使用することはもちろんのこと、外回りの営業担当者が外出先からコンテンツを見る、クライアント様へ非公開コンテンツを見せると言ったことも可能としています。

更新も楽々

最新ニュースや企業情報の修正まで、今までは総務や広報担当者が社内のITに強い社員もしくはシステム担当部署へ依頼して、場合によっては外部制作会社に有料にて依頼してコンテンツの更新・改修を行っていたことが、WordPressによる強力なコンテンツ管理機能で総務担当者であってもMicrosoft Wordで文章を作成する感覚で更新作業を行う事ができます。
また、Prime Strategyでは管理画面を適切にカスタマイズすることで、さらに使いやすい入力環境を構築することが可能です。

プライムストラテジーに相談する

メディアサイト

メディアサイト

大量の記事更新を助ける最適化された管理画面、拡張性の高いシステム設計で、運用開始後のサポートも充実しています。

マイナビウーマンサイトにおける運用ノウハウ

メディアサイトの構築・運用には相当な運用ノウハウが必要です。システム的に作り上げるだけでは月間1,000万PVを作り上げることはできません。
Prime Strategyではマイナビウーマン(株式会社マイナビ様)をはじめ、あすけん(株式会社ウィット様)など各サイトの構築、サーバをはじめとする運用技術が豊富にあります。長く運用してきているからこそ発生する問題、メディアサイトそのものを育てていくノウハウなど、様々な点からWordPressをフルに活用したご提案が可能です。

メディアサイトは見た目だけではない

メディアサイトは毎日更新してこそPVを増やすことが可能です。しかし毎日更新するには通常社内リソースだけでは不可能な場合がほとんどです。その場合企業が取りうる手法が外部ライターの起用です。
しかし、通常のWordPressですと権限の設定から一度公開された記事の修正についてまで細かく設定することができません。外部ライター起用時に起こりうることとして、一度承認が通って公開された記事を修正する場合の外部ライターの持っている権限についてです。勝手に修正されても困りますし、修正されたことで非公開記事となってしまってもよろしくありません。また、修正させないと言う選択肢も運用の煩雑さからは取りたくないと言うのがメディアサイト運営者のスタンスかと思います。
こういった、通常のサイトには発生しにくいメディアサイトならではのカスタマイズも、Prime Strategyならすでにノウハウとして蓄積済みです。

メディアサイトにおけるサーバの重要性

メディアサイトではその性格上PV至上主義となることがほとんどです。Yahoo!トップなどに記事が取り上げられた際にサーバがダウンしてしまっては広告収入をはじめ相当なダメージを受けてしまうことは必至です。
また、それほどPV数が多くなかったとしても、メディアサイトにありがちなトップページに複数の記事一覧、サムネイル画像がふんだんに使われているようなデザインの場合、トップページが表示されるまでに時間が掛かってしまいユーザーが離れてしまうことが危惧されます。
それほどメディアサイトの運用においてサーバの重要性は高く、特に有名なメディアサイトでは頭を悩ませる問題として重要視されている事項であります。
Prime Strategyでは超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」のリリースによりこれら問題を一挙に解決することが可能となりました。WordPressの実行時間3ミリ秒台、秒間1,000リクエストをページキャッシュなしで実現し、メディアサイトをストレスなく表示させることができます。また、フルマネージドサービスをご利用いただくことで、アクセス数の増加などでサーバ運用などに気を遣うことなくメディアサイトの運用に集中することができるようになります。
詳しくはKUSANAGIサイト及びフルマネージド専用サイトをご覧ください。

プライムストラテジーに相談する

その他 WordPressによるCMS構築 実績