処理速度計測中:0.009 sec  ページキャッシュは使用しておりません。

サポート・保守等の各種サービス

WordPressサイトメンテナンス

WordPressサイトメンテナンス

現サイトの診断から、WordPress導入後の運用・保守サポートまで、安定したサイト運営をサポートします。

既存のWordPress保守・メンテナンス

制作会社の中には制作は請け負うけれども保守は行えないと断ってくる会社も少なくありません。理由はWordPressやプラグインなどオープンソースで構築されたサイトに問題が発生した場合、自社で製作したテーマテンプレートファイル以外に原因があったとしても修正が困難、そもそも原因の追究ができない場合さえあり得ることです。
WordPressは世界全体のCMSを用いたサイトに占める割合ですでに60.7%(2015.1 W3Techs調べ)に達しており、世界標準CMSエンジンとしても他を圧倒しております。それ故にセキュリティに関するアップデートは迅速に行われますが、アップデートしたことによる自社制作テーマテンプレートに不具合が生じたとしても対応が困難であると言う理由で自作であるにも関わらず保守を断ってくることもあるほどです。
Prime Strategyでは他社制作のテーマテンプレートが採用されているサイトであっても保守・メンテナンスが可能です。また、弊社がサイトを構築する場合、基本的にはWordPressのアップデートに対応したテーマテンプレートの作成、アップデートが頻繁に行われているプラグインの選定等、WordPressのアップデートを止めない仕様にて構築しますので、安心して運用を行っていただけます。

メディアサイトの運用

メディアサイト

メディアサイトにおける運用はさらに注意が必要です。メディアサイトを運用する方法にもいくつかありますが、基本的には毎日社員もしくはライターが入稿、記事を拡散し広く読んでもらうことが中心となります。そこで必要となる運用・保守は以下のようなものです。

  1. 記事の更新がしやすい
  2. 外部ライターなどの編集権限
  3. 日時指定記事公開・拡散などの自動プロセス
  4. 広告管理
  5. 常に解析し改修
  6. サーバを落とさない
特に5.常に解析し改修を行うこと、続けることは重要で、ユーザがどのように動き何を見てどう離脱したのかを細かく解析し、ABテストを行うなど常に改修をし続けていくことがコンテンツを更新し続けていくことと同じくらい重要です。
そして6.サーバを落とさないことは最も重要で、人気メディアになればなるほどこのトラフィックと戦ってゆくことになりますが、快適にページが表示できることがPVを伸ばしユーザを逃さない最重要ポイントとなります。

フルマネージドサービスに保守をプラス!

超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」こそが高アクセスのメディアサイトには最適であり、KUSANAGIフルマネージドサービスではハードウェアやミドルウェアなどの運用環境だけでなく、テーマやプラグインのソースコード修正、SQLの最適化、データベース構造の見直しなど徹底したチューニングを実施。継続的なパフォーマンス改善の施策から保守運用までをワンパッケージで提供します。
サーバからWordPressまでを一括して管理するため、パフォーマンスを低下させているボトルネックがサーバにあるのか、アプリケーションにあるのかなどを調査・発見することができます。また、それを解消することで、WordPressサイトのパフォーマンスを向上させます。
パフォーマンスが向上したことで、PV数が50%以上増加した事例もあり、ページの表示速度が向上し、WordPressの回遊性が向上します。また、管理画面の速度が上がることで、コンテンツ作成などに集中でき、まさにメディアサイトを運用する上で最高の環境を用意することができます。
詳しくはKUSANAGIサイト及びフルマネージド専用サイトをご覧ください。

プライムストラテジーに相談する

契約実績