現在の運用保守・管理体制を見直したい方へ

運用保守の見直しをご検討ですか?

WordPressサイトをはじめ、現在のWebサイトの運用保守を見直したいと考えていらっしゃいませんか。
以下のような状況に当てはまる方に、最適な運用保守のご提案が可能です。

  • Webサイトの担当者がいなくなってしまった
  • Webサイトの保守運用を外注し、コンテンツ作成に集中したい
  • 今まで依頼していた保守運用会社(Web制作会社)から保守サービスがなくなってしまった
  • コストや技術の面で保守運用会社を見直したい

WordPressサイトをはじめとするCMS(Contents Management System)サイトは、記事やページなどのコンテンツ更新や新規作成が非常に簡単にできる一方、バージョンアップなどのメンテナンスを定期的に行わないと脆弱性の問題等に直面することになります。
企業のWebサイト担当者は、日々のコンテンツ更新だけでも手一杯であるなか、CMSのアップデートや不具合修正など、突発的に発生する案件にまで手が回らないことも多いかと思われます。
しかし、アップデートなどを放置してしまうことで、脆弱性を突かれたサイトの改変や、個人情報の流出といったことになってしまうと、企業の信用問題になってしまうため、頭を悩ませているのではないでしょうか。

運用保守を外注したいが…

外部の運用保守会社に保守を依頼しようとした場合、以下のようなことになったことはございませんでしょうか。

  • 自社Webサイトの制作を請け負ってくれた会社であったが、運用保守はできないと言われてしまった
  • WordPressなどのCMS部分は保守できるが、サーバは保守できないと言われてしまった
  • ホスティングサービスに保守を依頼しているつもりだったが、CMSは対象外であると言われてしまった

制作会社の中には運用保守まで請け負って頂けるところもありますが、CMSだけであったりとサーバまでは保守していただけないことも多くあります。
これは制作を行うための技術(フロントエンド)とサーバの運用技術(インフラ、もしくはバックエンド)にはそれぞれ違うエンジニアが必要であるにも関わらず、両方のエンジニアを有している制作会社が少ないという現実があるためです。

WordPressサイトからサーバまで一括で運用保守をお任せください

プライム・ストラテジーでは超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」の開発をはじめ、オライリー社から出版されている「詳解WordPress」の執筆を行うなど、WordPressをはじめとしたCMSサイトから、WordPressの実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストをページキャッシュ非使用で実現する世界最高速クラスのサーバ環境まで構築、運用保守が可能なエンジニアを有し、24時間365日お電話での対応が可能なコールセンターをご用意して、お客様の様々なご要望にお応えできる体制を整えております。

なじみのある制作会社さんは変更したくないが…

WordPressなどCMSサイトの運用保守に関しては、現在の制作会社様を変更することなくフルマネージドサービスへ移行することが可能です。
お客様とWebサイトの制作を担当されている制作会社様を交えてのお打ち合わせを行うことが可能でございますので、まずは弊社コンサルタントへご相談ください。

お問い合わせ

お客様の課題を解決するソリューション、
条件に沿ったベネフィットあるご提案をさしあげます。

03-6551-2996

受付時間 9:00-18:00 (月曜日~金曜日)
お問い合わせフォームへ