【警告あり】ハイローとは?評判や危険性、出金拒否の闇にせまる!

【PR】本記事はプロモーションを含みます

「ハイローとは何か知りたい!」

「ハイローオーストラリアは危険なの?」

「ハイローは金融庁から警告を受けているの?」

このような疑問にお答えします。

バイナリーで耳にする「ハイロー」は、海外業者の名前バイナリーオプション取引の2つの意味があります。

岡田

ちなみに、海外業者の「ハイロー」は金融庁未登録のグレーなバイナリー業者ですよ!

この記事では、海外業者ハイローの特徴や評判、危険性などを詳しく解説しています。

また、噂されている出金拒否詐欺についての真相も突き止めました。

最後には、安全にバイナリー取引をする方法勝率upが期待できる分析サポートツールも紹介しているので参考にしてくださいね。

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

ハイローとは?バイナリーオプションのこと

「ハイロー」には2つの意味があります。

一つ目は、バイナリーオプションのラダー取引と言う意味です。

これは、海外でバイナリーオプションをハイロー(HighLow)と呼ぶことが由来となっています。

もう一つは、バイナリーオプション海外業者である『ハイローオーストラリア』の呼称です。

ハイローは海外業者の名前を意味することが多いので、この記事ではハイロー=ハイローオーストラリアとして解説しますね。

ラダー取引の図解
ラダー取引

ハイローオーストラリアとは?

あらためて、ハイローオーストラリアは海外のバイナリー業者です。

正式な会社名は「HLMI Markets International Limited」であり、セントクリストファーネイビスに拠点を置いています。

下記がハイローオーストラリアの公式サイトです。

ハイローオーストラリアの公式サイト
引用元:ハイローオーストラリアの公式サイト
かずき

サイトのタイトルは「HIGHLOW」だけだよ?

はじめ

ハイローオーストラリアは以前の名称だ。元々はオーストラリアを拠点としていたからな。

紛らわしいため、今でもハイローオーストラリアと呼んでいる人が多いんです。

取引の基本条件

ハイローオーストラリアの取引条件は下記です。

【ハイローオーストラリアの取引条件一覧】

ペイアウト倍率1.85倍~2.30倍
取引額1,000円~200,000円
取引手数料無料
最低入金額1,000円
最短判定時間30秒
取扱可能通貨ペア20
取引可能商品・株価指数12
取引可能仮想通貨0
デモ口座
レート判定配信元FXCM社 LMAX社 BitMEX社
未使用口座維持管理費

ハイローは、業界トップクラスのペイアウト倍率を誇ります。

加えて、取引時間が最短30秒と短期取引にも対応しています。

ペイアウト率と取引の詳細

ハイローの取引詳細は以下の4種類です。

ハイロー(Highlow)
ハイロースプレッド(Highlowスプレッド)
ターボ(Turbo) ※短期取引
ターボスプレッド(Turboスプレッド) ※短期取引

取引種類ごとのペイアウト率と判定時間は、下の表をご覧ください。

【ハイローオーストラリアの取引条件一覧】

取引種類ペイアウト倍率判定時間
ハイロー1.85倍~1.95倍15分
1時間
23時間
ハイロースプレッド2.0倍15分(±0.1pips)
1時間(±0.4pips)
23時間(±2.4pips)
ターボ1.85倍~2.00倍1分
3分
5分
ターボスプレッド2.00倍~2.30倍30秒(±0.1pips)
1分(±0.1pips)
3分(±0.2pips)
5分(±0.3pips)

どの取引種類も高水準のペイアウト倍率であるため、魅力的な内容に見えます。

実際のユーザーは、どのような反応をしているのか見ていきましょう。

ハイローオーストラリアの評判

ハイローオーストラリアの良い口コミと悪い口コミを、それぞれ確認していきましょう。

良い口コミ

良い評判では、口座開設ボーナスペイアウト倍率の高さが目立ちます。

悪い口コミ

約定拒否詐欺の口コミが、多く見られました。

よく耳にする出金拒否に関しては、次の項目で詳しく紹介します。

ハイローオーストラリアは出金拒否される?!

Twitterの口コミでは、出金できた事例もありますが、出金拒否の声が多くあがっています。

出金拒否の口コミが多いと心配ですね。

かずき

苦労して稼いだお金が出金できないなんて最悪だね。。。

ハイローオーストラリアのメリットや危険性を比較!

ハイローオーストラリアのメリットやデメリットを紹介します!

メリット

ハイローオーストラリアのメリットは以下の4つです。

メリット
  • ペイアウト率が高い
  • デモ口座が登録不要で利用できる
  • 入出金スピードが早い
  • 日本語サポートあり

ハイローオーストラリアの1番の魅力は、ペイアウト率が高いことです。

倍率が1.8倍~2.3倍で高水準になります。

また、海外業者ですが日本語サポートがあるのは心強いです。

危険性・デメリット

ハイローオーストラリアのデメリットは以下の4つになります。

デメリット
  • 金融庁から警告されている
  • 最低出勤額が1万円
  • 稼ぐと口座凍結の可能性
  • ラダー制しか取り扱っていない

1番のデメリットは、ハイローオーストラリアが金融庁から警告されている未登録業者であることです。

また口コミにもあったように、稼ぐと口座凍結という理不尽を受ける可能性もあります。

はるか

本気で稼ぎたい人は避けた方がよさそうね。。。

ハイローオーストラリアは金融庁未登録のグレーな業者

ハイローオーストラリアは、金融庁の取引業者に登録していません。

日本の法律では、金融商品を扱う場合には金融庁への許可が必要にも関わらずです。

事実下リストのように、金融庁から正式に警告をだされています。

金融庁:無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について
引用元:金融庁「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

ハイローにかぎらず、海外業者はリスクが高いので注意してくださいね。

ハイローオーストラリアが向いている人

ハイローオーストラリアが向いている人は以下になります。

向いている人
  • 口座開設ボーナスを5,000円もらいたい人
  • 約定拒否や出金拒否があっても気にしない人
  • 金融庁に未登録のリスクを負える人

上記のリスクを十分に考慮した上で、自己責任で行ってくださいね。

かずき

怖いけど、5,000円は魅力的だなー。

IG証券なら金融庁に登録済で、口座開設ボーナスを5,000円もらえます

詳しい獲得方法は以下の記事で解説しています。

金融庁OKの国内バイナリー業者なら安心!

安心してバイナリーオプションを行うなら国内業者が1番です。

理由は下記の3点になります。

安心ポイント
  • トラブルがあっても国が守ってくれる
  • 信託保全を行っている
  • 規制によって海外よりも低リスクで取引できる

自分の資金を守りながら、安全に取引できるポイントを押さえておきましょう。

トラブルがあっても国が守ってくれる

金融庁登録済みの国内バイナリー業者なら、日本の法律下で安全に取引できます。

無登録の業者で起こる詐欺や出金拒否といったトラブルの心配がありません。

はるか

万が一トラブルが起きても、日本の法律が適用されるから安心ね。

信託保全を行っている

国内業者は信託保全を行っています。

国内で金融商品取引業を行う業者には、金融庁への登録と信託保全が義務付けられているためです。

万が一業者が倒産しても、預けていた資産は全額返還されます。

信託保全とは?

信託保全とはFX会社がトレーダーから預かった資産を、外部の金融機関に預ける仕組みです。

FX会社の経営資金とトレーダーの資産が別々に管理されるため、もしFX会社が経営破綻しても、トレーダーの資産は信託先の金融機関から全額返還されます。

規制によって海外よりも低リスクで取引できる

金融庁に登録された国内バイナリー業者は、取引ルールが規制されます。

規制項目規制前規制後
取引間隔と取引回数1分~の短期取引判定時刻の間隔2時間以上
取引回数無制限1日の最大12回
ペイアウト倍率固定変動制
総取りあり禁止
途中売却購入後不可購入後でも可能
取引金額の限度無制限FX各社取引限度額を設定
取引前のテスト適合性の確認なし知識テスト、取引経験の確認が設定

トレーダーに有利となった代表的な規制のは以下の2つです。

ペイアウト倍率を変動制に変更
「総取り」を禁止

ペイアウト金額は1,000円と固定になり、購入時のレートと目標レートの差が大きいほど購入価格が変動します。

たとえば50円で購入して1,000円のリターン(利益950円)を得ることも可能です。

総取りとは、判定時刻にこの価格帯だと必ず負けるレンジのことです。

総取りは業者側に有利な条件だったため、規制後に禁止となりました

無料の分析サポートツールで勝率アップ!

チャート分析の精度を上げるために、サポートツールをうまく活用していきましょう。

サポートツールのなかには、未来の相場を予測する便利なツールがあります。

例えばヒロセ通商の「さきよみLIONチャート」は、過去相場データから未来の値動きを予測できます。

ヒロセ通商の「さきよみLIONチャート」

ヒロセ通商では、移動平均線などの主要インジケーターの売買シグナルを検知する、「シグナルパネル」というツールもあります。

はるか

無料で試せるから活用して勝率アップを狙ってね!

分析の強い味方!サポートアプリツール一覧をみる
スクロールできます
FX会社・ツール名機能概要対応端末デモ
ヒロセ通商
さきよみLIONチャート
・シグナルパネル
・さきよみチャート
・テクニカルランキング
PC・スマホ
ひまわり証券
さきどりテクニカル
・さきどりチャート
・さきどりパネル
・テクニカルランキング
PC(Macにも対応)
FXTF
未来予測チャート
・未来チャート
・シグナルパネル
・テクニカルランキング
PC・スマホ
マネーパートナーズ
かんたんトレナビ
・シグナル表示
・予測分析
PC・スマホ

次の記事では、勝率85%を達成した5億円トレーダーの必勝法を紹介しているので参考にしてくださいね!

ここで紹介したサポートツールの活用法も解説していますよ!

安心・安全のバイナリー業者3選

かずき

金融庁登録済みでおすすめの国内業者ってどこなの?

はじめ

分析ツールが高性能なのはもちろん!トレーダーへの還元率が高い業者だ!

どちらも高水準のおすすめ3社をピックアップしたから参考にしてくれ!

還元率が重要な理由

還元率は数値が高いほどトレーダーに有利で、100%を超えると顧客への支払いが利益以上となり業者の赤字を意味します。

はるか

還元率は高いほど業者に不利だから、業者の信頼性も計れる指標でもあるのよ!

今回は高還元率の目安である95%以上の3業者をピックアップしたので参考にしてくださいね!

【受取総額の割合とは?】

受取総額の割合(還元率)は業者の総売上のうち何%がトレーダーにペイアウトとして支払われたかを示す数値です。
つまり受取総額の割合が高いほどトレーダーにとって有利な業者と言えます。

計算式:総売上 ÷ トレーダーへの支払い額 = 受取総額の割合

国内バイナリー5社還元率の比較表をみる
スクロールできます
支払い総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券ig-バナー120-30GMO外貨楽天証券120-30
取引タイプラダーラダーラダーレンジラダー
2023年12月95.95%91.70%94.48%74.23%88.53%
2023年11月97.22%96.8%93.56%89.36%90.16%
2023年10月96.03%100.7%97.55%97.79%90.56%
2023年9月93.06%96.40%97.37%101.73%92.10%
2023年8月94.21%98.70%94.16%96.85%91.07%
2023年7月96.41%91.50%93.05%87.62%93.00%
2023年6月94.90%91.10%93.15%97.38%85.10%
2023年5月94.56%96.60%95.13%106.18%91.80%
2023年4月95.97%91.80%95.72%106.81%96.30%
2023年3月95.74%95.60%96.24%111.98%88.50%
2023年2月93.46%94.60%95.57%112.94%95.90%
2023年1月95.85%94.60%92.68%108.82%94.10%
平均95.28%95.01%94.89%99.31%91.43%
※各バイナリー業者の月次データをもとにしています。

GMOクリック証券

【外為オプション】GMOクリック証券は還元率95.24%の超優秀な口座!

ペイアウト通貨ペア数1日開催数
1.000円
(固定)
5ペア10回
取引タイプ支払い総額に対する
受取総額の割合※1
デモトレード
ラダー95.36%
※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2022年10月~2023年11月実績
Good point
  • 投資家への還元率は国内バイナリー業者の中で常にトップ!
  • 取引ツールが使いやすく見やすいので初心者もスグに取引できちゃう
  • 相場分析には高性能のプラチナチャートが使える

GMOクリック証券が提供するバイナリーオプションが「外為オプション」です。

投資家の支払総額に対する受取総額の割合、つまり還元された割合を示す実績では平均95.24%と常に優秀なバイナリー口座です。

〇×で示される判定画面や3STEPで取引できる操作性が人気です!スマホのブラウザからも取引OK

【IG証券】幅広い戦略が取れる唯一無二のバイナリー口座!

ペイアウト通貨ペア数1日開催数
10.000円
(※円絡みの通貨ペアの場合)
7ペア
(株・商品含めると計23銘柄)
12回
取引タイプ支払い総額に対する
受取総額の割合※1
デモトレード
ラダー95.39%
※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2022年10月~2023年11月実績
Good point
  • 選べる権利行使価格は国内最多の20チョイス
  • 1日あたり、1回あたりの取引数上限なし
  • 通貨ペア以外にも、株価指数や先物など最大23銘柄でもバイナリー取引ができる
  • 1,000円以下の少額での取引も可能

IG証券日本で最長のバイナリーオプション提供実績を誇り、金融庁認可の信頼できる業者です。

特にバイナリーは選択できる権利行使価格が20種類もあるため、他社に比べ幅広い戦略で取引できます。

通貨ペアの他にも株価指数や金、原油の先物など、国内最多23種の銘柄でバイナリーオプションをできるのはIG証券だけです。

また、高性能でありながら直感的に操作できる取引ツールにも定評があり、バイナリーの他にもFX・株・債券など17,000種類以上の銘柄で取引ができます。

【オプトレ!】レンジ取引の還元率脅威の105.85%!レンジならオプトレ一択!

ペイアウト通貨ペア数1日開催数
1.000円
(固定)
8ペア11回
取引タイプ支払い総額に対する
受取総額の割合※1
デモトレード
ラダー
レンジ
95.32%(ラダー)
102.558%%(レンジ)
※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2022年10月~2023年11月実績
Good point
  • 1日11回の開催なので効率よく取引回数を増やせる
  • レンジ取引の還元率は100%超える月も多い!
  • 新機能の「ワイドレンジ」によってヒット判定の可能性を底上げ!

GMO外貨が提供しているバイナリーオプションが「オプトレ!」で、レンジ取引ができる数少ない国内口座です!

レンジ取引の月次実績では受取総額の割合が100%超える月も多く、投資家にとってチャンスの多い口座です。

取引通貨ペアも取引回数も多いので、他社口座と合わせて運用すれば限られた時間の中で取引回数を増やして効率よく稼げます♪

まとめ

ハイローの評判や特徴、危険性などを解説してきました。

信頼性・安全性の高い業者を選ぶなら、金融庁に登録済みの国内業者一択です。

最後にもう一度、内容のおさらいです。

・ハイローとは海外のバイナリーオプションを指す。
・ハイローは、海外業者ハイローオーストラリアを指す場合もある。
・ハイローは、金融庁未登録のため金融庁から警告されている業者である。
・国内業者は金融庁認可で、国の法律下で運営していて安心。
・おすすめ国内業者は、GMOクリック証券GMO外貨IG証券

ハイローを使う場合は、リスクと対策を理解してからにしましょう。

不安があるなら詐欺のリスクゼロで、無料の未来予測ツールが使える国内業者を選ぶのが賢明ですよ。

初心者におすすめ国内バイナリー業者3選

2023年上半期、5社中第1位

還元率95.06%

外為オプション

レンジ取引するなら

GMO外貨は外せない!

オプトレ!

23銘柄のバイナリー取引可能

幅広い取引戦略するなら

IG証券

岡田

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ハイローに関するよくある質問

ハイローとは?

海外バイナリーオプションのラダー取引です。

一般に海外のバイナリーオプションを、ハイロー(HighLow)と呼びます。

海外業者のハイローオーストラリアをハイローと呼ぶ場合もあります。

>> ハイローとは?バイナリーオプションのこと

ハイローオーストラリアの評判は?

良い評判には、高いペイアウト倍率や日本語サポートの充実などがあります。

悪い口コミは、約定拒否や口座凍結がされたなどが見受けられます。

>> ハイローオーストラリアの評判

ハイローオーストラリアは金融庁から警告を受けているの?

はい。金融庁に「無登録で金融商品取引業を行う者」として警告を受けています。

>> ハイローオーストラリアは金融庁未登録のグレーな業者

ハイローオーストラリアに危険性はあるの?

はい。金融庁に許可を得ていないためリスクがあります。

金融庁に登録されている国内業者であれば安心して取引できます。

>> ハイローオーストラリアの危険性やメリットを比較!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外就職を経てフリーランスとして独立、金融サイトの副編集長のかたわらFXを始めた投資家。
副収入目的で始めたつもりが、読めそうで読めない為替の魅力にどっぷりハマる。
コツコツドカンを経験してからは、資金管理と損切りを徹底し堅実に運用中。
愛用のテクニカル指標は"移動平均線"と"MACD"、これにファンダメンタルズ要因を絡めて日々アップデート中。
編集者としてFXのノウハウを発信しています。

目次