PR

1番安いポケット型WiFiは?月額費用を抑えたい人必見!小~大容量ギガ数別に解説!

安いポケット型WiFi徹底比較
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「一番安いポケット型WiFiはどれ?」
「格安で契約できて無制限で使えるモバイルWiFiはある?」

ポケット型WiFiは多くの会社がサービスを提供しているため、どのポケット型WiFiを選ぶべきかわからずに悩んでいる方は多いかもしれません。

安いポケット型WiFiを探すときは、月額料金だけではなく、通信容量や端末機種、割引やキャッシュバックなどのキャンペーンも含めた料金を比較する必要があります。

契約期間中のトータルコストを計算した「実質料金」と、1ヶ月で使えるデータ容量を比較すると、ご自身にもっとも適しているおすすめのポケット型WiFiが見つかるでしょう。

この記事では、年間200万人以上のWiFi契約をサポートするPRIMEインターネット比較が、データ容量別に20GB~無制限までの主要サービスを比較しながらご紹介します。

最後までご覧いただけば、本当に安くてご自身に適しているポケット型WiFiが見つかります。

「ポケットWiFi」は、ソフトバンク社が登録商標を取得しています。

一般的には、持ち運びができるモバイルWiFiルーターを総称して「ポケットWiFi」と呼びますが、これはソフトバンク社の登録商標です。

このため、当記事ならびに当サイトでは、持ち運び可能なモバイルルーターのことを「ポケット型WiFi」と表記しています。

この記事の監修者
小川正人 通信コンサルタント
小川正人

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。一時期は光回線を3社、携帯電話を15社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

目次をチェック
目次

安いポケット型WiFi・モバイルWiFiを選ぶ際に比較するべき5つのポイント

ポケット型WiFiの料金の仕組み
月額料金が安いポケット型WiFi・モバイルWiFiを選ぶときに比較すべきポイントは、以下の5つです。

安いポケット型WiFiを見つけるためには、月額料金だけではなく、端末代金やキャンペーン額も加味して、トータルの支出額を計算しましょう。

また、月額料金がいくら安くても、1ヶ月あたりに使えるデータ容量が少なかったり、通信速度が遅かったりすると、契約してから後悔しかねません。

そのため、ご自身のライフスタイルに合ったデータ容量を使えるポケット型WiFiの中から、もっとも安いポケット型WiFiを契約しましょう。

ここからは、先ほどリストアップした5つの項目について、掘り下げながら解説します。

すでに上記の比較ポイントをご存じの方や、今すぐにお得なポケット型WiFiの会社を見つけたい方は、以下のボタンをクリックして解説ページへジャンプしてください。

【容量別】安いポケット型WiFiランキングを見る
(クリックすると解説ページまでスクロールします)

ポケット型WiFiの契約期間・端末代金

契約期間・端末代金ポケット型WiFiは、契約する会社によって契約期間が決まっています。

契約期間は1~3年の間に定められるケースが比較的多いものの、契約期間なし(縛りなし)の会社もあり、利用するサービスによってさまざまです。

契約期間が満了しないまま解約すると、解約違約金が一括請求されるため、違約金なしで解約するためには、契約満了月(更新月)まで待たなければなりません

解約違約金は2~3万円ほどが一般的な時代もあったものの、現在は通信事業法が改正されており、請求されるのは最大でも月額料金の1ヶ月分です。

ただし、解約違約金とは別に、端末残債が発生する場合があるため注意しましょう。

端末残債とは、ポケット型WiFiの通信端末(機種)を購入した際に、分割払いで支払う端末代金のうち、解約時点で未払いな端末代金のことです。

ポケット型WiFiの契約期間中に、端末代金の相当額が割引されるキャンペーンもありますが、解約する時期によっては数万円の残債が一括請求されるため注意しましょう。

安いポケット型WiFiを契約するときは、契約期間や端末代など、月額料金以外の項目も細かく確認することをおすすめします。

ポケット型WiFiの最大通信速度をチェック

最大通信速度どれだけ安いポケット型WiFiを選んでも、通信速度が遅ければ満足にインターネットを利用できません。

そのため、ポケット型WiFiの最大通信速度をチェックして、十分な速度が出るかどうかを確認してから契約するのがおすすめです。

ポケット型WiFiの最大通信速度は、契約するサービスによって大きく異なり、たとえばWiMAXのモバイルルーターは、光回線と同じ水準の下り最大4.2Gbpsが出ます。

一方で、楽天モバイルのポケット型WiFiや一般的なクラウドWiFiの場合、最大通信速度は下り150Mbpsと、WiMAXと比較すると遅いです。

SNSの閲覧・更新や、LINEの送受信などが主な用途であれば、極端なほど最大通信速度にこだわる必要はありません。

しかし、YouTubeやNetflixを視聴したり、テレワークでビデオ通話をしたりする場合は、一定の通信速度が出なければ、スムーズに接続できなくなってしまいます。

安いポケット型WiFiの場合、端末の性能が低く、通信速度やバッテリーの持ちが悪い可能性もあるため、端末のスペックも比較しながら安いポケット型WiFiを選びましょう。

通信データの容量

通信データ容量安いポケット型WiFiの中から満足できるサービスを選ぶときは、1ヶ月あたりに利用できるデータ容量にも注目しましょう。

ポケット型WiFiは、契約する会社やプランによってデータ容量が決められている場合が多く、データ容量を超過すると速度制限がかかります。

データ容量のバリエーションは豊かで、少ない場合は毎月20GB前後、多い場合は毎月200GB以上とさまざまです。

WiMAXや楽天モバイルの場合、データ容量が実質無制限で使い放題なので、データ容量を気にせずにポケット型WiFiを使いたい方には、この2社をおすすめします。

なお、オプションでデータ容量を追加できる会社もありますが、1GBあたりの料金が割高になるため、緊急時以外の利用はおすすめできません。

場合によっては、月額料金は1,000円台であるものの、10GBしか利用できずに、1ヶ月の大半を低速な状態で使わなくてはならないケースもあるかもしれません。

料金が安いかどうかだけに注目せず、ご自身が希望しているデータ容量を使えるかどうかも確認しましょう。

通信回線の対応エリア

通信回線の対応エリアポケット型WiFiによって、通信回線の対応エリアが異なるため、自宅や職場周辺など、よく利用する場所で電波がつながりやすいかどうかを確認しましょう。

たとえば、ドコモやソフトバンクなどのキャリアが提供するポケット型WiFiは、自社の回線だけにしか接続できません。

一方で、WiMAXはWiMAXに加えてauの4G・5Gに接続できるほか、クラウドWiFiはドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアすべてに接続できるケースがほとんどです。

ただし、クラウドSIMは各社の5Gに未対応といった弱点もあるため、各社の特徴を踏まえたうえで、利用したい通信回線に対応するポケット型WiFiを選びましょう。

実質月額料金・キャンペーン額を比較

実質月額料金・キャンペーン額
安いポケット型WiFiを選ぶうえで、最後に比較すべきポイントになるのが、各社の実質月額料金と、キャンペーンによる割引額です。

実質月額料金とは、契約期間中に発生するトータルの支払額を、契約月数で割った金額を指します。

ポケット型WiFiの契約期間中に支払う実際の料金は、月額料金だけではなく、事務手数料や端末代金、オプション料金などの諸費用も含めて計算しなければなりません。

一方で、月額料金割引やキャッシュバックといったキャンペーンによる割引もあり、これらの要素を差し引いたトータルの支払額が実質月額料金です。

 

ポケット型WiFiの支払総額

月額料金が安くて端末代が高いポケット型WiFiと、月額料金が高くてキャッシュバックが多いポケット型WiFiを比較すると、月額料金が高くても実質月額料金では安くなる場合もあります。

ポケット型WiFiの実質料金

実質料金は契約期間によって変わるため、たとえば2年契約のポケット型WiFiと、3年契約のポケット型WiFiを比較するのは公平ではありません。

そのため、本当にお得で安いポケット型WiFiがどの会社なのかを比較する際は、公平に計算できる実質月額料金を比較しましょう。

実質月額料金は、ポケット型WiFiの公式サイトには記載されていないため、自分で計算しなければなりません。

この記事では、各社が実施中の最新キャンペーン情報から、実質月額料金を計算して公開しているため、契約時の参考になさってください。

【容量別】安いポケット型WiFiランキング!最安値プランを紹介

安いポケット型WiFiランキングポケット型WiFiは契約する会社によってデータ容量が大きく変わるため、ここでは100GB~無制限を「大容量」、30GB以下を「小容量」に区分けして比較します。

実質料金が安い順にランキングでご紹介しているので、データ容量別に格安のプランがどこなのかがひと目でわかります。

ランキングをご紹介する前に、そもそもご自身にとって大容量・小容量どちらのプランが適しているのかを確認しましょう。

■大容量プランをおすすめできる方

  • YouTubeやNetflixで動画を毎日視聴する方
  • Zoomなどのテレビ電話を使う機会が多い方
  • 動画を配信する方
  • データ容量を気にせずに好きなだけWiFiを使いたい方

■小容量プランをおすすめできる方

  • できるだけ安い月額料金のポケット型WiFiを選びたい方
  • LINEやメールなど、最低限の用途に限定されている方
1GBあたりで利用できる通信量の目安
できること 時間
YouTube(360p) 5時間
YouTube(720p) 1.5時間
Netflix 4時間
Instagram 1時間
LINE通話 40時間
ZOOM 1.5時間

それでは、データ容量ごとにおすすめのポケット型WiFiを、ランキング形式で詳しくチェックしていきましょう。

無制限・大容量・小容量の安いポケット型WiFi比較

ここからは、料金が安いポケット型WiFiをランキング形式でご紹介します。

ポケット型WiFiのサービスを提供する会社は非常に多いため、「無制限」「無制限/大容量(100GB)」「小容量(30GBまで)」と、3つのカテゴリーに分類しました。

それぞれのデータ容量を格安で使えるポケット型WiFiは、次のとおりです。

【無制限】ポケット型WiFiの安い料金順ランキング
ポケット型WiFi 実質月額料金(契約期間ごと) 月額料金(割引額) データ容量(1ヶ月) 下り速度 提供エリア
実測値※1 最大値
1位
Rakuten WiFi
Pocket 2C
最安値!
詳細を見る
3,278円
※月間20GB以上利用した場合
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
無制限 28.6Mbps 150Mbps 楽天モバイル
au 4G
2位
WiMAX
2024年2月最安値!
詳細を見る
4,181円 初月:1,089円
1~12ヶ月目:3,784円
13~36ヶ月目:4,334円
37ヶ月目以降:5,104円
(25,000円キャッシュバック)
無制限 110.61Mbps 3.9Gbps au 5G
au 4G
WiMAX 2+
3位
Y!mobile
4,896円 4,065円
(18,000円特別割引)
無制限
※15G通信は月7GBまで
88.78Mbps 2.4Gbps ソフトバンク5G
ソフトバンク4G
4位
ドコモ
5,085円 1~12ヶ月目:2,090円
13ヶ月目以降:1,100円
(キャッシュバックなし)
無制限 29.35Mbps 4.2Gbps ドコモ5G
ドコモ4G
【無制限・月間100GB】ポケット型WiFiの安い料金順ランキング
ポケット型WiFi 実質月額料金(契約期間ごと) 月額料金(割引額) データ容量(1ヶ月) 下り速度 提供エリア
実測値※1 最大値
1位
MONSTER MOBILE
最安値!
詳細を見る
3,080円 2,948円
(キャッシュバックなし)
100GB 26.57Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
2位
どこよりもWiFi
3,190円 1~35ヶ月目:3,058円
36ヶ月目以降:2,508円
(キャッシュバックなし)
100GB 3.83Mbps 150bps ドコモ4G
3位
ゼウスWiFi
詳細を見る
3,221円 初月~2ヶ月目:0円
3~23ヶ月目~:3,212円
24ヶ月目以降:3,828円
(キャッシュバックなし)
100GB 16.4Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
4位
Rakuten WiFi
Pocket 2C
詳細を見る
3,281円
※月間20GB以上利用した場合
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
無制限 28.6Mbps 150Mbps 楽天モバイル
au 4G
5位
それがだいじWiFi
3,399円 3,267円
(キャッシュバックなし)
100GB 12.52Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
6位
Mugen WiFi
詳細を見る
3,450円 3,718円
(10,000円キャッシュバック)※3
100GB 16.85Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
7位
THE WiFi
詳細を見る
3,501円 初月~2ヶ月目:0円
3ヶ月目~:3,828円
(キャッシュバックなし)
100GB 16.58Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
8位
AiR-WiFi
3,532円
※サクッとプランの場合
3,278円
(キャッシュバックなし)
100GB 14.2Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
9位
FUJI WiFi
3,755円 3,480円
(キャッシュバックなし)
100GB 26.68Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
10位
クラウドWiFi
3,972円 3,718円
(キャッシュバックなし)
100GB 32.32Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
11位
STAR WiFi
3,991円 3,718円
(キャッシュバックなし)
100GB 12.31Mbps 150Mbps 記載なし
12位
WiMAX
2024年2月最安値!
詳細を見る
4,181円 初月:1,089円
1~12ヶ月目:3,784円
13~36ヶ月目:4,334円
37ヶ月目以降:5,104円
(25,000円キャッシュバック)
無制限 110.61Mbps 3.9Gbps au 5G
au 4G
WiMAX 2+
13位
Y!mobile
4,896円 4,065円
(18,000円特別割引)
無制限
※5G通信は月7GBまで
88.78Mbps 2.4Gbps ソフトバンク5G
ソフトバンク4G
14位
ドコモ
5,085円 1~12ヶ月目:2,090円
13ヶ月目以降:1,100円
(キャッシュバックなし)
無制限 29.35Mbps 4.2Gbps ドコモ5G
ドコモ4G
【20~30GB】ポケット型WiFiの安い料金順ランキング
ポケット型WiFi 実質月額料金(契約期間ごと) 月額料金(割引額) データ容量(1ヶ月) 下り速度 提供エリア
実測値※1 最大値
1位
hi-ho Let’s Wi-Fi
最安値!
詳細を見る
2,028円 一律1,890円
(キャッシュバックなし)
20GB 22.21Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
2位
MONSTER MOBILE
詳細を見る
2,112円 1,980円
(キャッシュバックなし)
20GB 26.57Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
3位
Rakuten WiFi
Pocket 2C※3
詳細を見る
2,181円
※月間3~20GBまでを利用した場合
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
20GB 28.6Mbps 150Mbps 楽天モバイル
au 4G
4位
THE WiFi※4
詳細を見る
2,200円
※FiTプランで20GBまでを利用した場合
2,068円
(キャッシュバックなし)
20GB 16.58Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
5位
ゼウスWiFi
2,333円 初月~2ヶ月目:980円
3~23ヶ月目:2,361円
24ヶ月目以降:2,508円
(キャッシュバックなし)
30GB 16.4Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G
6位
HISモバイル
2,328円 2,190円(キャッシュバックなし) 20GB 87.3Mbps 150Mbps ドコモ4G
ドコモ5G
7位
Chat WiFi
2,492円 2,280円
(1,100円特別割引)
20GB 20.37Mbps 150Mbps ドコモ4G
8位
クラウドWiFi
2,834円 2,580円
(キャッシュバックなし)
20GB 32.32Mbps 150Mbps ドコモ4G
au 4G
ソフトバンク4G

※すべて2024年2月時点のキャンペーンを基にした情報です。
※実測値は「みんなのネット回線速度」を参照しています。

2024年2月現在、データ容量無制限のポケット型WiFiで実質月額料金が最安なのは、「Rakuten最強プラン」を適用できる楽天モバイルのポケット型WiFiです。

プラン改定により、楽天回線に加えてパートナー回線(au)も無制限で使えるようになり、非常に高いコストパフォーマンスを発揮しています。

100GBプランの中で、実質料金がもっとも安いのは「MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)」で、実質3,080円でドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに接続できます。

MONSTER MOBILEは、契約途中でもデータ容量のプラン変更が可能なため、まずは50GBなどの小~中容量プランを契約するのも良いでしょう。

MONSTER MOBILEをはじめとするクラウドSIMは、利用しているエリアからもっともつながりやすい回線に自動で接続されるため、幅広いエリアからポケット型WiFiを利用したい方に適しています。

20~30GBまでの小容量プランで十分な場合には、hi-ho Let’s WiFiの従量制プランや、MONSTER MOBILEの縛りありプランがおすすめです。

安いポケット型WiFi3選

ここまでポケット型WiFiをランキング形式でご紹介しましたが、中には端末のスペックが低くて速度が遅いものや、データ容量に制限があるものもあります。

価格の安さだけを重視して選ぶと失敗する可能性があるため、最安値にこだわりを持つ方以外は、高スペックなものの中から安いポケット型WiFiを選びましょう。

WiMAXは高速回線が無制限で使える

料金と通信品質のバランスが取れたポケット型WiFiとしては、実質月額料金4,161円で利用でき、幅広いエリアから高速通信ができるWiMAXがおすすめです。

料金の安いポケット型WiFiをベースにしつつ、コストパフォーマンスの高いWiMAXも候補に加えた結果、当サイトがおすすめするポケット型WiFiは以下の4つです。

■【2024年2月】おすすめの安いポケット型WiFi 4選

  1. WiMAX
  2. 無制限かつauの5Gに対応する高速モバイルルーター!実質料金の安さと通信品質の高さの両方を重視する人におすすめ

  3. Rakuten WiFi Pocket 2C(楽天モバイル)
  4. データ容量無制限のポケット型WiFiで実質月額料金が最安!楽天経済圏の方にもおすすめ

  5. Mugen WiFi
  6. 月間100GBを実質月額料金3,450円で利用可能!キャッシュバックを受け取れるクラウドWiFiを探す方におすすめ

  7. MONSTER MOBILE

月間100GBのポケット型WiFiで実質月額料金が最安!どれくらいのデータ容量を使うかわからない人におすすめ
※クリックすると解説ページにジャンプします。

比較表だけでは「本当にお得なの?」「通信速度で失敗しない?」と不安を抱える方もいらっしゃるかもしれません。

そこでここからは、おすすめのポケット型WiFiの特徴を、ひとつずつ詳しく解説していきます。

WiMAX:お得な料金で高速の5G回線が無制限で使える

全て優秀なWiMAXWiMAXは、2023年3月時点の契約実績が3,800万件を突破しているポケット型WiFiです。

WiMAXのおすすめポイントを3つピックアップして解説します。

■WiMAXのおすすめポイント

※クリックすると解説ページにジャンプします。

WiMAXのメリットを細かく見ていきましょう。

5G対応の最大速度3.9Gbpsの高速回線

WiMAXはポケット型WiFiの中で、頭一つ抜けた通信速度を誇ります。

最新のモバイルルーター「X12」はauの5G通信に対応しており、下り最大速度は3.9Gbpsと、楽天モバイルや他社クラウドSIMと比較しても速いです。

標準的な光回線の最大速度は1Gbpsなので、WiMAXは光回線よりも高速通信できる可能性があるスペックを備えています。

料金が安いだけではなく、通信品質の高さも備えたポケット型WiFiを求めている方には、WiMAXの契約がおすすめです。

3日15GBの通信制限が撤廃されデータ容量無制限

出典:UQ WiMAX

WiMAXには、かつて「3日で15GBまで」の通信制限が設けられていたため、現在のように無制限ではなく「実質無制限」のポケット型WiFiでした。

しかし、2022年2月1日に「3日15GB」の通信制限は撤廃され、現在は名実ともに無制限で使えるポケット型WiFiへと改善されているため、通信制限のストレスなくインターネット回線を使いたい人におすすめです。

「データ容量を気にせずに使える5G対応の安いポケット型が欲しい!」というニーズにも、応えられるようになりました。

WiMAXは代理店によって格安で契約できる

WiMAXには多くの代理店(プロバイダ)があり、それぞれの窓口が独自のキャンペーンを実施しています。

中には高額なキャッシュバックを提供する代理店もあり、お得な窓口を選べば、実質月額料金を抑えてWiMAXを使えます。

代理店ごとの違いは料金!容量・速度・エリアは同じ

WiMAXを運営する大元は「UQ WiMAX」という会社です。

WiMAXの申し込みを受け付けている代理店(プロバイダ)は全部で数十社ありますが、あくまでも窓口が違うだけで、どこから契約しても利用する回線そのものは変わりません。

そのため、どのWiMAXプロバイダから契約したとしても、データ容量・通信速度・提供エリアの3つはすべて同じです。

ただし、それぞれのWiMAXプロバイダが異なるキャンペーンを展開しているため、契約期間中に支払う実質料金は大きく異なります。

そこでこの記事では、2024年2月時点のWiMAXプロバイダ各窓口のキャンペーン情報を徹底調査しました。

魅力的なキャンペーンを実施していて、実質月額料金が安くおすすめなWiMAXプロバイダを2社に絞ってご紹介します。

お得でおすすめなWiMAXプロバイダ2選

WiMAXを契約できる窓口(プロバイダ)は全部で20社以上ありますが、その中でもとくにお得なキャンペーンを実施しているのは、以下の5社です。

各社の実質料金やキャンペーンの内容を比較する表を見てみましょう。

WiMAXプロバイダの料金比較表
プロバイダ 実質月額料金(2年間) 実質料金(2年間) キャンペーン キャンペーン受取時期
GMOとくとくBB WiMAX
2024年2月最安値!
詳細を見る
4,181円 109,600円 25,000円 端末発送月を含む12ヶ月後
BIGLOBE WiMAX
口座振替対応では最安!
詳細を見る
4,863円 121,572円 月額料金初月無料 契約当日
Broad WiMAX 5,101円 127,534円 20,743円特別割引 契約時に割引
カシモWiMAX 4,814円 120,340円 月額料金初月割引 初月
UQ WiMAX 5,123円 128,084円 17,820円キャッシュバック 契約から4ヵ月目以降

※すべて税込み、2024年2月のキャンペーン適用後の実質料金です。
※すべて2年利用時の実質料金・実質月額料金を掲載しています。

比較表をご覧いただくとわかるとおり、実質料金最安のWiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB WiMAX」です。

WiMAXの本家である「UQ WiMAX」と比較して、月々1,600円以上も安く利用できることがわかります。

なお、口座振替対応のWiMAXプロバイダは「BIGLOBE WiMAX」「Broad WiMAX」「UQ WiMAX」の3社で、その中でもっとも実質料金が安いのはBIGLOBE WiMAXです。

GMOとくとくBB WiMAX +5G:実質月額料金が最安のプロバイダ


20社以上もあるWiMAXプロバイダの中で、最安の実質料金で契約できるプロバイダが「GMOとくとくBB WiMAX」です。

GMOとくとくBB WiMAXでは、全員に25,000円の高額キャッシュバックを行っているほか、月額料金割引も併用できるため、2年間の実質月額料金を4,181円に抑えられます。

なお、他社インターネット回線を契約中で、20,000円以上の解約違約金が発生する場合は、キャッシュバックが最大41,000円に上乗せされます。

GMOとくとくBB WiMAXから届くメールを開き、メールの案内に従って口座番号を登録するだけでキャッシュバックを受け取れるため、手続きも簡単です。

ただし手続きを行えるのは契約から11ヶ月後、キャッシュバックの振り込みはその翌月と時間がかかるため、カレンダーにメモをしておくなどして、手続きを忘れないように注意しましょう。

通信速度が速くて実質料金もリーズナブルなWiMAXを、最安のプロバイダから申し込みたい場合は、GMOとくとくBB WiMAXから契約するのがおすすめです。

\25,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBのキャンペーン情報はこちら

BIGLOBE WiMAX:最短でキャッシュバックを受取可能

口座振替で契約するなら「BIGLOBE WiMAX」
WiMAXを最安で申し込める窓口はGMOとくとくBB WiMAXですが、支払い方法はクレジットカードのみであり、口座振替には対応していません。

WiMAXの月額料金を口座振替で支払いたい場合は、口座振替対応のWiMAXプロバイダの中で実質料金がもっとも安いBIGLOBE WiMAXから契約しましょう。

GMOとくとくBB WiMAXと比較すると実質料金が高くなりますが、以下の比較表でご紹介するように、口座振替対応のプロバイダ3社の中ではもっともお得です。

WiMAXプロバイダ 実質月額料金(2年間)※1 実質料金(2年)※2 キャンペーン※3
BIGLOBE WiMAX 5,092円 127,292円 月額料金初月無料
Broad WiMAX 5,229円 130,724円 20,743円特別割引
UQWiMAX 6,056円 151,404円 なし

※1すべて税込み、2024年2月のキャンペーン適用後の実質料金です。
※2すべて2年利用時の実質料金と実質月額料金を掲載しています。
※3口座振替手数料を含めた実質料金と実質月額料金です。

BIGLOBE WiMAXでは、初月の月額料金を無料にするキャンペーンを実施しているため、上記3社の中で実質料金が最安になります。

ただし、口座振替を利用する場合は、月額料金に加えて「口座振替手数料」が発生するほか、端末代を一括で支払わなければなりません。

トータルの支出額や、WiMAXを契約する際の負担額が増えるため、クレジットカードを持っている方や支払い方法にこだわりがない方は、できる限りクレジットカード払いを選んだほうがお得です。

\口座振替対応WiMAXプロバイダで最安/
BIGLOBE WiMAXのキャンペーンの情報はこちら
※PRIMEインターネット比較では、編集部のメンバーが総力を結集して、ほぼ毎月変化するWiMAXのキャンペーン情報を更新しています。

この記事では、2024年2月時点の最新情報を掲載していますが、ご紹介しているWiMAXプロバイダはごく一部です。

「すべてのWiMAXプロバイダを徹底的に比較したい!」「WiMAXについてさらに詳しく知りたい!」という方は、PRIMEインターネット比較の関連記事もあわせてご覧ください。

Rakuten WiFi Pocket 2C(楽天モバイル):データ容量無制限で安心

RakutenMobileのアイキャッチ
2024年2月現在、データ容量無制限のポケット型WiFiのうち、実質料金最安で契約できるのは「Rakuten WiFi Pocket 2C」です。

Rakuten WiFi Pocket 2C は、2021年ごろには一時的にモバイルルーターが在庫切れになるほどの好評を博したサービスでもあります。

楽天モバイルと同じ「Rakuten最強プラン」を利用できる、Rakuten WiFi Pocket 2Cの主なメリットは、次のとおりです。

データ容量無制限で利用できる安いポケット型WiFiをお求めの方は、楽天モバイルのポケット型WiFiを契約しましょう。

楽天回線もパートナー回線も容量無制限!


楽天モバイルのポケット型WiFiは、楽天回線とパートナー回線(au)のいずれかに接続できます。

基本的には楽天回線につながりますが、楽天回線がエリア外の場合は、自動的にauの4G回線に接続されるのが楽天モバイルの特徴です。

2つのエリアを合計すると、人口カバー率は99.9%に到達し、ドコモ・au・ソフトバンクよりも多くの地域から高品質な接続を行えます。

以前は、無制限で利用できる回線が楽天回線のみに限られていましたが、「Rakuten最強プラン」導入後は、パートナー回線も無制限で利用できるようになりました。

容量無制限なのに月額料金は3,278円!?


Rakuten WiFi Pocket 2Cは、楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」をそのまま利用できるため、1ヶ月の間にどれだけデータ容量を消費しても、月額料金は3,278円です。

端末代が実質1円になるキャンペーンを実施しているほか、事務手数料などの初期費用もかからないので、実質料金も3,278円のまま変わりません。

WiMAXも楽天モバイルと同じように無制限で通信を利用できますが、高額な端末代がかかるため、実質料金では楽天モバイルを上回ってしまいます。

楽天モバイルには、WiMAXのようなキャッシュバックキャンペーンこそないものの、確実に月々の通信費を抑えられることがメリットです。

容量制限を気にせずに、格安な実質料金でポケット型WiFiを利用したい方は、優先的に楽天モバイルを検討すると良いでしょう。

使わない月は安く済む従量課金制


「Rakuten 最強プラン」は、使ったデータ容量に応じて月額料金が決まる従量課金制です。

1ヶ月に使ったデータ容量が3GB以下なら1,078円、20GB以下なら2,178円と、さらに月額料金が安くなります。

月々に消費するデータ容量にばらつきがある場合にも、楽天モバイルのポケット型WiFiがおすすめです。

契約事務手数料・解約金が0円


多くのポケット型WiFiは、契約事務手数料として、初月の請求に3,300円を上乗せすることが一般的です。

しかし、楽天モバイルでは契約事務手数料を請求されることはなく、さらに通常本体価格7,980円のモバイルルーターは、キャンペーンを適用すると1円で購入できます。

楽天モバイルの契約時にかかる初期費用は実質1円になるため、気軽に契約できる安いポケット型WiFiを求めている方にピッタリです。

加えて、楽天モバイルでは解約時の違約金も請求されず、極端なことをいえば契約翌月に解約したとしても、違約金は発生しません。

楽天モバイルのポケット型WiFiは、初期費用をかけずに契約したい方だけでなく、縛りなしでサービスを利用したい方にもおすすめです。

PRIMEインターネット比較では、楽天モバイルのポケット型WiFiについて、より深掘りした関連記事をご用意しています。

「料金が安すぎて不安」「詳しく楽天モバイルについて知りたい」という方は、以下のボタンから詳細を確認してみましょう。

\初期費用無料&解約金無料/
データ容量無制限で実質料金が最安!
楽天モバイルの詳細はこちらをチェック

Mugen WiFi:実質月額料金3,328円~の大容量ポケット型WiFi

MUGENWiFiのアイキャッチ
月間データ容量100GBの大容量ポケット型WiFiを求めている方は、まず「Mugen WiFi」のサービス内容をチェックしましょう。

Mugen WiFiは、複数のキャリアに接続できるクラウドSIMとしては珍しく、10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

いまなら、午前12時までに申し込むと、端末の即日発送に応じてくれるため、早ければ契約した翌日からポケット型WiFiの利用を始められます。

急ぎでポケット型WiFiを利用したい方にもおすすめのポケット型WiFiといえます。

さらに、30日間のお試しモニター制度があり、実際にMugen WiFiを利用してみて通信速度に満足できなかった場合は、期間中に申請すると違約金なしで解約が可能です。

月間100GBのポケット型WiFiの中で最安値はないものの、豊富なキャンペーンを実施するサービスとして、おすすめできる会社のひとつです。

実質料金も最安級のため、はじめてポケット型WiFiを契約する方は、優先的に選択肢に加えてみても良いでしょう。

\10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中/
月間データ容量100GBで翌日から使える
Mugen WiFiの詳細はこちらをチェック

MONSTER MOBILE:大容量で最安のポケット型WiFi

MONSTERMOBILEのアイキャッチ
月間100GBのポケット型WiFiを、もっとも安い月額料金で利用したい場合には、MONSTER MOBILEがおすすめです。

MONSTER MOBILEの月間データ容量は20GB・50GB・100GBの3種類ですが、どのプランを選んでも、実質月額料金は最安級となっています。

とくに、20GBのポケット型WiFiとしては、最安値で利用可能です。

MONSTER MOBILEの具体的なメリットは、以下の3点です。

ここからは、上記でリストアップした、MONSTER MOBILEのメリットを深掘りしてご紹介します。

ドコモ・au・ソフトバンクの回線を使える

MONSTER MOBILEは、自動的にドコモ・au・ソフトバンクのうち、いずれかの回線に接続するクラウドWiFiです。

ドコモの電波がない場所からはau・ソフトバンクに、auの電波がない場所からはドコモ・ソフトバンクの回線に接続できます。

日本全国ほぼすべての地域を提供エリアに含んでいるため、つながりやすくて安いポケット型WiFiを求めている方には、MONSTER MOBILEがおすすめです。

100GBプランは全てのポケット型WiFiで最安!

MONSTER MOBILEでは、20GB・50GB・100GBと3つのプランを用意していますが、100GBプランの実質月額料金はすべてのポケット型WiFiの中で最安値です。

月間20GBプランは実質月額2,112円、月間50GBプランは実質月額2,662円と、こちらも同じデータ容量の他社と比較して、最安級の月額料金で利用できおすすめです。

20GB同士のデータ容量で比較すると、実質月額料金2,178円の楽天モバイルよりも安い料金に設定されています。

契約途中のプラン変更に応じていることもMONSTER MOBILEの特徴であり、20GBで足りない場合は、50GB・100GBプランへの移行が可能です。

ただし、プラン変更には以下の注意点があります。

■MONSTER MOBILEでプラン変更を申し込む際の注意点

  • プラン変更したい前月の15日までに申し込みが必要
  • プラン変更が反映されるのは翌月から
  • 2年契約から縛りなしへの変更は不可能
  • 容量を下げるプランへの変更は不可能
  • プラン変更1回につき1,100円の手数料がかかる

たとえば、月間100GBのプランから20GB・50GBのプランには変更できません。

また、毎月16日以降にプラン変更を依頼した場合、変更した内容が反映されるのは翌々月からとなるため注意しましょう。

MONSTER MOBILEの詳細は、以下の関連記事でもご紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください。

\100GBのデータ容量が実質料金最安!/
MONSTER MOBILEの詳細はこちら

解約違約金が無料のプランもあり!


MONSTER MOBILEの基本プランには2年間の縛りがありますが、月額料金が割高になることと引き換えに、縛りなしプランの選択も可能です。

両プランの比較表を見てみましょう。

2年契約プラン・縛りなしプランの比較表
プラン 2年契約プラン 縛りなしプラン
月額料金 20GB:1,980円
50GB: 2,530円
100GB:2,948円
20GB:2,640円
50GB:3,190円
100GB:3,938円
月間データ容量 100GB・50GB・20GB
キャンペーン ・14日間お試しキャンペーン
・5,000円キャッシュバック※1
契約期間 2年 なし
解約違約金 月額基本料金の1ヶ月分※2年経過後は無料 なし

※すべて税込み
※1 MONSTER MOBILEのキャンペーンページ経由で「セゾンカードデジタル」の新規入会が必要

2年契約の場合、2年以内に解約すると違約金として月額料金の1ヶ月分が請求されますが、縛りなしプランであれば、いつでも違約金なしで解約できます。

ただし、20GB・50GB・100GBいずれのプランも縛りなしのほうが高く、とくに100GBプランの場合は、月額で990円も高くなってしまうため注意しましょう。

100GBプランの場合、3ヶ月以上契約を続ける場合は、違約金を支払っても2年契約のほうがお得なので、利用する期間に応じて契約期間を選ぶことが大切です。

また、20GBプランに関しては、同じ初期費用・解約金なしで契約できる楽天モバイルを選んだほうが、月額料金そのものが安くなります。

MONSTER MOBILEをおすすめできるのは、各プランが最安級になる2年契約で申し込む場合です。

ポケット型WiFiを短期だけ利用する予定の方は、初期費用・解約金がいずれも実質0円になる楽天モバイルのポケット型WiFiを選んだほうがお得です。

\初期費&解約費用が実質0円!/
楽天モバイルの詳細はこちら

THE WiFi:毎月100GB使える大容量ポケット型WiFi

THEWiFiのアイキャッチ
以下2つの項目に当てはまる方には、月間100GBまでをお得に使える「THE WiFi」の契約がおすすめです。

  • 100GBの大容量プランを選びたい
  • 安いポケット型WiFiの中で、アフターケアが充実した会社を利用したい

THE WiFiには以下のような特徴があるため、上記の項目に該当する方にとって理想的なポケット型WiFiといえます。

ここからは、ドコモ・au・ソフトバンクの3つのモバイルキャリアに対応するTHE WiFiの特徴を解説していきます。

3大キャリア回線が使えるクラウドWiFi

THE WiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに対応するクラウドWiFiであり、スマホを利用しているエリアからもっともつながりやすい回線を、ルーターが自動的に選んで接続してくれます。

3つのキャリアのうち、いずれかひとつでも電波が届けばインターネットに接続できるため、通信エリアが広く安定していることがTHE WiFiのメリットです。

「せっかくポケット型WiFiを利用しているのに、電波が入らず使えない…」といったトラブルは起きにくいでしょう。

100GBのポケット型WiFiで業界最安級!

THE WiFiでは「第6回 THE WiFi FES」キャンペーンを実施中で、契約から3ヶ月間にわたって、通常3,828円の月額料金が無料になります。

キャンペーン適用後の2年、実質月額料金は3,501円と業界最安級であり、初期費用をできる限り抑えてポケット型WiFiを契約したい方におすすめです。

ただし、キャンペーンを適用できるのは月間100GBの通常プランのみで、従量課金制のTHE WiFi FiTプランは、特別割引の対象外となるため注意しましょう。

また、こちらのキャンペーンには「THE WiFiポイント」が最大10,000円相当分付与される特典も付帯しますが、ポイントの獲得条件がやや複雑です。

THE WiFiの契約を5ヶ月以上継続した場合に、5,000ポイントが付与されますが、残りの5,000ポイントは、THE WiFiの契約と同時に「セゾンカードデジタル」に加入しなければ付与されません。

セゾンカードデジタルの発効後、専用応募ページから別途申し込みを行った場合のみ、10,000円相当のポイントを満額獲得できます。

このように、条件が複雑かつ全員が受け取れる特典ではないため、この記事の比較表では、上記の10,000円相当分の還元を除外した実質料金を掲載しています。

いつでも申し込み可能でアフターサポートも充実


THE WiFiでは、Webを通じて24時間体制で申し込みを受け付けているほか、アフターサポートが充実している点にも定評があります。

モバイルWiFiサポートセンターでは、各種申請や保守対応受付などの手続きが可能であり、受電率は驚異の98.8%です。

「いつでもつながりやすいサポートセンター」を目指しているため、インターネット回線の窓口でありがちな「電話がつながらずサポートを受けられない」といったトラブルにほとんど巻き込まれません。

また、端末の故障修理が無料になる「安心サポート(月額330円)」、水漏れも含めた端末修理が無料になる「安心サポート ワイド(月額550円)」など、各種オプションも充実しています。

WiFiやパソコン、アプリの接続が苦手な方は、電話や訪問でプロによるサポートを受けられる「スマートおたすけサポート(月額440円)」を利用すると便利です。

THE WiFiの月額料金は最安ではありませんが、最安の実質料金にはこだわらず、サポートが充実した安心できる会社を選びたい方には最適といえます。

\サポートが充実&最安級の実質月額料金!/
100GBの実質月額料金が最安級!
THE WiFiの詳細はこちら

ゼウスWiFi:3大キャリアの回線に繋がる安いポケット型WiFi


月間100GBの大容量プランを提供する安いクラウドSIMを契約したい方には、ゼウスWiFiがおすすめです。

ゼウスWiFiは以下のような方におすすめのポケット型WiFiです。

■ゼウスWiFiをおすすめできる方

  • ポケット型WiFiの初期費用をできるだけ安く抑えたい方
  • 月間100GBの大容量プランを最安級の実質料金で利用したい方
  • キャンペーンの受け取り条件を満たせるかどうか不安な方
  • 楽天モバイルやWiMAXのように無制限ではなくても良い方

上であげた特徴に該当する方は、ゼウスWiFiの契約がおすすめといえるでしょう。

ここからは、ゼウスWiFiの特徴を詳しく見ていきます。

ドコモ・au・ソフトバンクにつながるクラウドSIM

ゼウスWiFiは、クラウドSIMの技術を使ったポケット型WiFiであり、ドコモ・au・ソフトバンクの回線に接続できます。

利用するエリアからもっともつながりやすい回線へ自動的に接続されるため、3大キャリアがつながる場所であれば、日本中のあらゆる地域から接続可能です

既存の回線を借りて運用するため、維持費用などを削減でき、月額料金が安いことがゼウスWiFiなどのクラウドSIMのメリットです。

以前は、多くのクラウドSIMがデータ容量無制限のサービスを提供していましたが、データの利用過多により、2020年ごろに無制限サービスが続々と終了してしまいました。

現在は、大多数のクラウドSIMが無制限プランの新規受付・提供を順次終了し、月間100GBまでの制限付きプランへと移行しています。

30GBプランなど3種類のプランから選べる

引用:ゼウスWiFi公式サイト

ゼウスWiFiが提供中のプランは、「30GB(月額2,508円)」「50GB(月額3,278円)」「100GB(月額3,828円)」の3種類です。

ここまでにご紹介したMONSTER MOBILEやTHE WiFiも、複数のプランを用意していますが、ゼウスWiFiには他の2社にはない「月間30GB」のプランがあります。

20GBでは容量が足りるかやや不安があるものの、50GBや100GBではデータ容量が多すぎるといった場合には、ゼウスWiFiの30GBプランを選びましょう。

ただし、MONSTER MOBILEとは違って契約途中のプラン変更はできないため、慎重に選ぶ必要があります。

高額キャンペーンが無くとも月額料金が安くておすすめ

引用:ゼウスWiFi公式サイト

ゼウスWiFiでは、GMOとくとくBB WiMAXのような高額キャッシュバックや、THE WiFiのようなポイント付与キャンペーンを実施していません。

その代わりに、月額料金そのものが安く設定されているほか、初月~3ヶ月目までは月額料金割引が自動的に割引されるキャンペーンを導入しています。

確かに他の申し込み窓口の方が実質月額料金は安くお得なポケット型WiFiといえます。

しかしたとえば、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは、利用開始11ヶ月後に受け取り手続きが必要であり、THE WiFiのポイント還元を全額受け取るためには、クレジットカードへの新規加入が必要です。

受け取り手続きを忘れてしまう可能性も高く、もし上記の手続きを行わなければ、キャンペーンの受け取り条件を満たせず、特典を無駄にしてしまいます。

ゼウスWiFiには特典の受け取りに失敗するリスクがないため、ポケット型WiFiの契約にあまり慣れていない方にもおすすめです。

\特典を確実に受け取って実質料金を抑えるなら/
実質月額料金が最安級!
ゼウスWiFiの詳細はこちら

hi-ho Let’s WiFi:従量課金制で小容量の利用がおすすめ


hi-ho Let’s WiFiには、従量課金制の料金プランと、1日最大4GB/7GBを利用できる大容量プランの2種類があります。

安いポケット型WiFiを求めている方には、以下のメリットがある従量課金制のプランがおすすめです。

ここからは、hi-ho Let’s WiFiの従量プランについて、より詳しく解説していきます。

面倒なキャッシュバック受け取りなしで最安の月額料金

モンスターモバイルに関する見出しで、小容量のポケット型WiFiで最安のポケット型WiFiはモンスターモバイルであるとお伝えしました。

しかしモンスターモバイルで5,000円のキャッシュバックを受け取らない場合、小容量プラン(20GB)の最安はhi-ho Let’s WiFiです。

hi-ho Let’s WiFiとMONSTER MOBILEの料金比較表
hi-ho Let’s WiFi MONSTER MOBILE
月額料金 1,890円 1,980円
実質料金(2年) 48,660円 52,800円
実質月額料金(2年) 2,028円 2,112円

※すべて税込みで2年利用時の料金

ご覧のとおり僅差ではありますが、20GBプランの実質料金では、hi-ho Let’s WiFiがMONSTER MOBILEを下回っています。

hi-ho Let’s WiFiは、月額料金自体が安く設定されているため、面倒なキャッシュバックの受け取り手続きをせずに、実質料金を抑えられることがメリットです。

ただし、1日3GB以上を利用すると速度制限がかかる点と、24ヶ月以内に解約すると残りの契約月数×550円の端末残債が請求される点には注意しましょう。

従量制で使った分だけお支払い


hi-ho Let’s WiFiの従量プランは、10GB単位で料金が変動し、30GB以降はどれだけ使っても月額3,790円のまま変わりません。

hi-ho Let’s WiFi従量プランの月額料金表
データ使用量 月額料金
~10GB 1,590円
~20GB 1,890円
~30GB 2,490円
30GB以上 3,790円

※すべて税込み

1ヶ月あたりに使ったデータ容量が20GB以下であれば、先述したとおり20GBプランで最安の実質月額料金に抑えられます。

月間10GB以下の消費に抑えられた場合は、さらに月額料金が安くなるため、月によって消費するデータ容量が異なる方にもhi-ho Let’s WiFiの従量プランがおすすめです。

hi-ho Let’s WiFiの詳細は、PRIMEインターネット比較の関連記事でさらに詳しく解説しています。

従量プランの詳細だけでなく、月間120~210GBの大容量プランについても詳しく知りたい方も、以下の記事をあわせてご覧ください。

\月間20GBが最安&従量制で安心!/
hi-ho Let’s WiFiの詳細はこちら

【まとめ】おすすめの安いポケット型WiFi

まとめこの記事では、実質料金が安いポケット型WiFiの失敗しない選び方について解説しました。

最後に、ここまでの要点をまとめてご紹介します。

まとめ
  • ポケット型WiFiの料金を比較するときは、月額料金だけでなく、初期費用・端末代・各種割引も含めて計算する
  • データ容量ごとに最安のポケット型WiFiを見つけるときは、上記の支出・割引を合計した「実質月額料金」同士を比較する

2024年2月現在、もっとも安いポケット型WiFiは次のとおりです。

また、当サイトでおすすめするポケット型WiFiは、以下のとおりです。

上記の調査結果を踏まえたうえで、PRIMEインターネット比較がおすすめするWi-Fiサービスと申込窓口(プロバイダ)は、以下の4社です。

今回は、実質料金や初期費用を抑えて安く利用できる、格安のポケット型WiFiをランキング形式でご紹介しました。

ですが、本当に満足できるポケット型WiFiを選ぶためには、料金の安さだけではなく「速度」「通信エリア」「端末のスペック」を比較する必要があります。

ポケット型WiFiに何を求めるのかによって、おすすめするサービスも異なるため注意しましょう。

「最安のポケット型WiFiはわかったけれど、まだ決め手に欠ける」

「速度や端末のスペックも重視してポケット型WiFiを選びなおしたい!」

そのような方に向けて、PRIMEインターネット比較では、ポケット型WiFiの関連記事を多数ご用意しています。

以下のページからは、ポケット型WiFiに関するさまざまな情報をまとめた総合比較をご覧いただけるため、この記事とあわせてご覧ください。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの総合比較ページを見る

格安のポケット型WiFiに関するよくある質問

ここでは、格安のポケット型WiFiに関するよくある質問への回答をまとめております。

よくある質問をご確認いただくことで、自分にぴったりの安いポケット型WiFiを選ぶ際の参考としてお役立てください。

安いポケット型WiFiの選び方は?

安いポケット型WiFiを見つけるためには、月額料金だけを比較するのではなく、手数料や端末代などの初期費用や、各種割引を足し引きした「実質月額料金」を比較しましょう。

月々のデータ容量により、月額料金のベースが大きく変わるため、まずは毎月どのくらいのデータ容量を使うのかを整理して、必要なデータ容量の中で最安のポケット型WiFiを選ぶのが大切です。

ポケット型WiFiの料金以外のポイントは?

ポケット型WiFi選びで、料金の安さと同じくらい大切なのが「データ容量」です。

ポケット型WiFiの用途が、LINEの送受信や簡単なネットサーフィンに限られる場合は、月間20GB前後のデータ容量があれば問題ありません。

しかし、YouTubeの視聴やSNSの更新、オンラインゲームなどを頻繁に行う場合には、100GB~無制限の大容量プランがおすすめです。

無制限・大容量・小容量で安いポケット型WiFiは?

無制限プランなら楽天モバイルのポケット型WiFi、100GBの大容量プランならMONSTER MOBILE、20GBの小容量プランならhi-ho Let’s WiFiが最安です。

最安値ではありませんが、5G対応の超高速回線を無制限で利用できるWiMAXも、コストパフォーマンスが高いポケット型WiFiとしておすすめできます。

短期間レンタルできる格安のポケット型WiFiは?

ポケット型WiFiを1日~1週間単位で短期間利用する場合は、1日あたり496円から端末をレンタルできる「WiFiレンタルどっとこむ」がお得です。

また「NETAGE」では、月額の最安値6,930円で、データ容量無制限のポケット型WiFiをレンタルできます。

ただし、レンタルサービスは長期間利用すると割高になるため、長期の利用を検討している場合は、レンタル以外のサービスを契約したほうがお得です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

月間60万人が訪れるインターネット総合情報サイト「わたしのネット」編集部です。わかりやすいコンテンツを評価していただき、大手総合ニュースサイトの「マイナビニュース」や人気雑誌のWebメディア「GetNavi web」など多くのメディア様で記事を執筆しています!KUSANAGIをはじめとするインターネットサーバー会社のプライム・ストラテジー監修のもと皆さんにとって分かりやすいコンテンツを提供いたします!

◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がプライムインターネット比較に還元されることがあります。
◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。
◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。
◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。
◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。

記事の感想をお聞かせください。

コメントする

目次