Webのガバナンスを実現する

CMS/webプラットフォーム統合サービス

部門・グループ・サービスサイトなど、増え続けるCMSやWebサイトの運用プラットフォームを統合し、共通の運用ルールのもとで高速に、安全に運用するサービスです。AIを用いて自動化を進めているため、数十サイトの移行もスムーズに行うことができます。

乱立するWebサイトが抱えるセキュリティとガバナンスの課題

Webサイトは単なる情報発信のツールではなく、企業のブランディングや収益に直結する重要な存在です。

近年は新型コロナウイルスの影響で顧客との対面のコミニュケーションの減少とDXの推進を背景に、Webサイトの重要性は増しています。クラウドやCMSの普及により利便性が向上し、一つの企業で役割ごとに複数のWebサイトを運営することも珍しくなくなりました。

これらのWebサイトの運用ルールが適切に管理されていないと、グループや事業部門ごとなどで利用するクラウドやOS・ミドルウェア、CMSなどがバラバラで管理されていない状態になってしまいます。このような状態を放置するとWebのガバナンスの実現やセキュリティへの大きなリスクとなります。

乱立するWebサイトが抱える課題

グループや事業部門ごとに異なるクラウドやレンタルサーバを利用しており、運営しているサイトが把握できていない

OS・ミドルウェア、CMSなどの種類やバージョンがバラバラでアップデートが計画的に行われておらず、脆弱性が放置されている

組織変更などで担当者が不在となってしまったり、制作ベンダーの変更などで仕様が不明でメンテナンスや改善が行えない

サービスに関する詳しい情報を知りたい方はこちらから

今こそ進めるべきWebプラットフォームの統合とは

プラットフォームを統一し、セキュリティとガバナンスを実現するための環境を整えます。

アカウントの一括管理

クラウドプラットフォームを統一し、アカウントを一括管理します。

運用ルール策定

アップデートやバックアップ、脆弱性検査などのセキュリティの運用ルール、CMSやサーバなどのアカウント管理ルールを策定します。

統合作業

OSやミドルウェアを最新化し、アプリケーションを最新版にアップデートします。WAFや侵入検知、アンチウィルスなどのセキュリティツールを導入し、安全な運用基盤を整えます。

CMSのプラットフォーム統合プロジェクトは数年がかりの大きなプロジェクトになることも多く、関係者も多いため、情報システム担当部門だけではなく、事業部門担当者、ベンダーにも大きな負担となります。

サイトのリスト・運用ルールの作成から統合作業、運用まですべてを任せられる「CMSプラットフォーム統合サービス」

プライム・ストラテジーの「CMSプラットフォーム統合サービス」は乱立するWebサイトに関する課題を解決します。

社内のWebサイトやWebシステムの運用環境が統一されていないため、どの部門がどのようなプラットフォームで運用しているのか把握が困難

標準的に利用するCMSが決まっていないため、複数のCMSで運用されており、セキュリティが心配

アップデートなどのセキュリティ運用ルールを定めたいが、基準を策定する時間がない。また、運用が適正に行われているかどうかの評価をする時間もない

部門やサイトごとに異なるベンダーに管理を依頼しているため、ルールを定めて運用したいがやり取りが煩雑

オンプレ、クラウド、レンサバなどの複数の基盤に分散しているCMSをひとつのクラウドに統合したいが、数年がかりのプロジェクトになると言われ、コストや統合完了までの運用が心配

プランニングから運用まで一括でおまかせください。

グループや部門ごとにプラットフォーム(利用クラウド)が異なり、OSやミドルウエア、CMSの運用ルールがばらばらになってしまっているサイト群を、高速で安全なKUSANAGI基盤のクラウドプラットフォームに移行、最新のOSやミドルウエア対応を行った上で統一したルールで運用します。

プランニング

ご予算、期間に合わせたプランをご提示します。煩雑なサイトリストの作成や環境調査などもおまかせいただけます。

環境調査
サイトリスト作成
課題点の洗い出し
制作ベンダーとのやりとり
運用ルールの策定

移行

独自に開発している運用基盤「KUSANAGI Cloud」で移行作業を自動化しているため、数十サイトの移行もスムーズです。

サーバ構築
サイト移設
セキュリティサービスの導入
CMSのアップデート
テスト

運用

エンタープライズでの導入実績が多数ある、「KUSANAGIマネージドサービス」と策定したルールを基本とした御社のための運用プランをご提案します。

障害対応
メンテナンス
セキュリティアップデート
レポーティング
各種ご相談

お客様の課題を解決する最適なプランをご提案いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

CMSプラットフォーム統合までの流れ

フェーズ0:ご相談・お見積り

御社の課題をお伺いし、お見積りするフェーズです。
NDA締結後、現在の環境の情報を共有いただき、調査を行います。
規模の大きなサイト群の場合、要件定義フェーズの詳細なお見積もりと移行フェーズ、運用フェーズの概算費用とスケジュールをご提示します。

2

フェーズ1:要件定義・運用ルールの策定

移行に向けた決め事を行う要件定義・運用ルールの策定フェーズです。
より詳しく環境を調査し、課題点を洗い出します。
セキュリティに問題があっては困りますが、煩雑なルールでは運用に乗らないことがあります。
KUSANAGIとマネージドサービスそのものが統一された基準になっているので、上手に組み合わせて行くことで御社の運用ルールが策定できます。

フェーズ1の終わりに移行フェーズのお見積りとスケジュールをご提示します。

3

フェーズ2:移行フェーズ①~移行

いよいよ本格的に移行が始まります。
御社だけではなく、ベンダー様など関係者の皆さまと密に連絡を取りながら移行を進めます。100%ルールに沿った移行や運用ができるとは限りません。移行フェーズで見つかったCMSや環境の課題点については、定例会議などで検討、解決しながら進めていきます。

4

フェーズ2:移行フェーズ①~テスト・公開

移行がひととおり終わった段階でテストをお願いしています。
当社でもテストを行いますが、普段運用をされている方だからこそ気づくこともあります。気になることは遠慮なく共有ください。

テストで問題がなければ最新データを反映して公開です。
公開後も運用や外部連携などに問題がないか念入りに確認していきます。

5

フェーズ3:移行フェーズ②

移行フェーズ① と同様移行から公開まで進めていきます。

5

フェーズ4:移行フェーズ③

移行フェーズ① と同様移行から公開まで進めていきます。

運用フェーズ

移行が終わったサイトから運用フェーズに入ります。
運用ルールに沿った運用をおこないながら、
新しいサイトの追加、CMSの移行など、統合環境で安心してCMSを活用ください。

よくある質問

Q

いきなりすべてのCMSの移行を決めるのは不安です。1サイトから始めることはできますか?

A

はい、もちろん可能です。実は「課題のあるサイトの運用をご依頼いただき、他のサイトもみてほしい」というお客様が多くいらっしゃるのです。わたしたちは「どのサービスを利用いただくか」ではなく「どうやって御社の課題を解決するか」を大事にしています。ぜひ、現在の課題や将来に実現したいことなどをお話ください。

Q

移行できないシステムはありますか?

A

KUSANAGIはLinuxベースのOSですので、Windows環境で動作するシステムなどをそのまま移行することはできません。また、社内システムとの連携の仕様などによりクラウドへ移行ができないケースもあります。「10サイトのうち9サイト移して1サイトは残しましょう」というような結論になることもありますが、まずは良い方法がないかを検討しますので、ご心配ごとと合わせてお問い合わせください。

Q

現在利用している環境の契約の切り替えまで時間がありません。どうしても移行を間に合わせたいのですが

A

できる限りご希望に添えるように対応しますが、難しい場合には余裕を持って契約の更新ができるよう見通しをお伝えいたします。「まだ時間があるし、迷っているから…」という段階でも遠慮なくお問い合わせください。

Q

クラウドに基盤を統一することでCO2の削減に繋がりますか。社内で目標ができたので対応したいです。

A

各クラウドはカーボンフリーなどの環境問題に取り組んでいます。さらにKUSANAGIによる性能向上でエネルギーの節約が見込めます。クラウドとKUSANAGIを利用することで環境問題にも寄与できるといってよいでしょう。わずかな取り組みも大きな結果につながるため、当社も常に性能向上につとめています。
■Googleの取り組み
https://cloud.google.com/blog/ja/products/infrastructure/sharing-carbon-free-energy-percentage-for-google-cloud-regions
■Amazonの取り組み
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8Bco2%E5%89%8A%E6%B8%9B/
■Microsoftの取り組み
https://azure.microsoft.com/ja-jp/global-infrastructure/sustainability/#environmental-impact
■さくらインターネットの取り組み
https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2021/06/21/1968207372/

サービスに関する詳しい情報を知りたい方はこちらから

プライム・ストラテジーのサービス

高速・セキュアな環境で運用を手離れ

KUSANAGIマネージドサービス

Webアプリケーションからミドルウェア・サーバまでWebサイトの保守管理を一貫体制でサポートします

Webのガバナンスを実現する

CMSプラットフォーム統合サービス

増え続けるCMSの運用プラットフォームを統合し、共通の運用ルールのもとで高速に、安全に運用します

PV、コンバージョン率の向上を実現する

WEXAL®モバイル表示高速化サービス

高い業務継続性を実現する

ハイパーオートメーション導入サービス

クラウドインテグレーションサービス

  • KUSANAGIの初期セットアップとKUSANAGIへのマイグレーション
  • パフォーマンスチューニング
  • WAF・侵入検知・アンチウイルス等のセキュリティツールの導入
  • 各種CMSからWordPressへの移行
  • 常時SSLへのマイグレーション
  • WordPress(Webサイト)構築・改修
    などWebにかかわる構築から改修、追加実装まで対応します

Webサイト運用の課題解決事例100選 プレゼント

Webサイト運用の課題を弊社プロダクトで解決したお客様にインタビュー取材を行い、100の事例を108ページに及ぶ事例集としてまとめました。
  • 100事例のWebサイト運用の課題と解決手法、解決後の直接、間接的効果がわかる
  • 情報通信、 IT、金融、メディア、官公庁、学校などの業種ごとに事例を確認できる
  • 特集では1社の事例を3ページに渡り背景からシステム構成まで詳解

サービス導入に関してご不明な点、ご質問がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

資料請求

KUSANAGIマネージドサービスの課題解決事例集などの各種資料がダウンロードいただけます。

お見積り

「まずは概算が欲しい」「仕様に則った詳細見積もりが欲しい」など状況に応じてお見積り致します。

お問い合わせ

当社サービスの検討にあたってのご質問やご相談などからお気軽にご連絡ください。(フォーム、電話、メール)

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6551-2996
受付時間:平日9:00 ~ 18:00