超高速CMS実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度 0.000
language

    月間26万PVのミズコム、WEXALでGoogle PageSpeed Insightsの評価を大幅に改善

    採用プロダクト
    KUSANAGI for AWS

    株式会社キュービック

    サービス導入前の課題


    • Webサイトの表示速度が体感で3秒かかっていた

    • Google PageSpeed Insightsの計測結果が4560点と低かった

    • 月平均100点もの画像をアップしているため、対策をしておきたかった

    サービス導入後の効果


    • Webサイトの表示速度が速くなった

    • Google PageSpeed Insightsの計測結果が95点にまで改善した

    • 増え続ける画像処理の対策ができた

    ウォーターサーバー比較サイト「ミズコム」

    株式会社キュービックは「なんとなく役に立った」「面白かった」を超え、その先の「明日が変わるキッカケ」をユーザーに提供したいという想いのもと、インターネットメディア事業を中心とした広告やSEOサービスなどを提供している。

    同社が運営する自社メディアは金融関連や転職情報などで、現在15サイトが公開されている。そのうちの一つがウォーターサーバーの比較サイトである「ミズコム」だ。

    同サイトでは、各社が提供するウォーターサーバーのデザイン・機能などの比較はもちろん、各社が取り扱っている水の情報も掲載されている。また、利用者の目的や重視するポイントごとに、ウォーターサーバーを選ぶ際の注意点や、それに対する各社の特長、実際に利用している人の声が反映された記事が公開されており、本気でウォーターサーバーを選びたい人にとって見逃せないコンテンツがそろっている。さらに、各メーカーからキャンペーン情報を含めた最新情報が提供されているため、このサイトだけでほしい情報が得られるようになっている。

    同社はコンテンツを作るにあたって、利用者の声に耳を傾け、単なるスペックや値段の比較ではなく、そのサーバーを使うことで生活がどのように変わるのか、イメージできる記事作りを心掛けていると言う。2018年の公開以降、そうした姿勢を続けて来たことが評価され、現在では月間26PVを獲得するサイトに成長した。

    月に100点ほどの画像をアップ、Webサイトの遅さが気になるように

    このように順調に運用されてきた「ミズコム」だが、コンテンツが増えるとともに閲覧者数も増加したことで、Webサイトの遅さを感じるようになったという。

    特に同サイトでは、各ウォーターサーバーを実際に利用した場合のイメージがつきやすいよう、月平均で100点にも及ぶ画像がアップされており、より動作が重くなりやすい環境にあった。

    そこで、サイトの規模が大きくなり、今後Webの速度がコアウェブバイタル指標「LCP」「FID」「CLS」といったSEOのランキング決定要因に影響するため、対策を講じようとしていたところに、WEXALが公開されたという知らせを受け、導入することにしたと言う。

    Webサイトの遅さについて、ミズコム運用責任者 安川氏は次のように語っている。

    キュービック安川様

    ミズコム運用責任者 安川様

    『ミズコム』では、ウォーターサーバーのデザインや使い勝手などをユーザーに視覚で伝えたいと考えているため、多くの画像が使用されています。

    徐々に画像ファイルが増えるにつれてページの表示速度が遅くなっていました。Google PageSpeed Insightsで計測したところ、スコアが4560点を推移している状態でした。

    続けてWEXALの導入についてメディア開発担当者 川中 春香氏は当時感じたことを教えてくれた。

    当社が運営する9割のサイトでKUSANAGIが導入されています。そのご縁でWEXAL公開の案内をもらっていました。タイミングがあったら導入してみたいなと考えていたところに、『ミズコム』のサイトを見直す時期がやってきました。

    今回、WEXALの導入検討にあたってプライム・ストラテジーの事例紹介ページを見ていたら、以前、アクセスした某サイトの名前を見つけました。当時のそのサイトは施設に対してもマイナスの印象を抱くほどの重さでしたが、KUSANAGIの事例を見て改めてアクセスしてみたところ、速くなっていたので驚きました。実際にその効果を目の当たりにしたのは決め手として大きかったと思います。

    Google PageSpeed Insightsの結果が95点に改善

    この取材を行った時点では検証環境への導入作業は終わり、本番移行前の検証を行っている段階だった。検証環境でのパフォーマンスに聞いてみると、川中氏は次のように教えてくれた。

    キュービック川中様

    メディア開発担当者 川中様

    Google PageSpeed Insightsで導入前の本番環境を計測したときには4560点の間でしたが、検証環境では95点にまで改善しています。

    体感速度も、本番環境では3秒は掛かっているような感じですが、検証環境ではパッと開いている印象です。待っている感覚はほとんど無くなりました。

    翌週には本番環境へ反映させる予定ですが、表示速度によってはコンバージョンにも影響がでるので楽しみです。

    第三者目線でのメディア運営を続け、ユーザーのためのサイトにしていく

    最後に今後の「ミズコム」とプライム・ストラテジーへの要望について安川氏に聞いてみた。

    当社は第三者の目線でメディアを運営しています。今後もウォーターサーバーの利用者の感想を取り入れ、ユーザーのための情報サイトにしていきます。

    プライム・ストラテジーには、表示速度の改善に限らず、ユーザーの行動体験の改善につながる情報のご提供を頂きたいと思っています。また、メディア運営者向けのおすすめの運用方法や、最適な運用方法のモデルケースなどをウェビナーなどでご紹介いただけると助かります。

    WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選 プレゼント!

    Webサイト運用の課題を解決した企業、官公庁・各種団体、学校など100を超えるお客様に直接お話をお伺いし一冊にまとめたのが『WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選』(非売品)です。こちらを無料でプレゼントいたします。是非お申し込みください。

    お客様の課題を解決するソリューション、
    条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

    ご相談・お問い合わせフォーム