超高速WordPress実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度
language

    KUSANAGI for Ruby on Railsで余分なコストをかけずに希望通りの環境を構築

    採用プロダクト
    KUSANAGI for Ruby on Rails

    ENECHANGE株式会社

    サービス導入前の課題


    • Webサイトの高速化

    • 旧環境ではWordPressとRuby on Railsが同居しており、移設後も同構成を踏襲したかった

    サービス導入後の効果


    • 体感速度も速くなり、サイト内検索をGoogle Custom Search APIからMroongaに簡単に置き換えることができた。

    • Ruby on Railsに「KUSANAGI」が対応していることで、以前と同様にWordPressと同じ環境で構築することができたため、余計なコストを発生させずに済んだ

    電力のエキスパート集団、ENECHANGEが運営する「SIMCHANGE」

    エネルギーマネジメント事業本部 メディア事業部 事業部長
    曽我野 達也様


    ENECHANGE株式会社は、代表である城口氏がイギリスのケンブリッジ大学での博士課程中に行っていた電力データの研究を生かし、在学中に産学連携ベンチャーとしてケンブリッジエナジーラボをイギリスで設立したのが始まり。その後、2015年4月に日本で会社化したのが現在のエネルギーテック企業であるENECHANGEで、電力に関する知識や技術におけるエキスパート集団だ。
    同社はエネルギーデータを活用したエネチェンジクラウドサービスを電力小売事業者向けに提供するなど電力を提供する側のサポートをメイン事業としているが、消費者にとってわかりにくい電気・ガスの料金プランを見直す比較サイトも運営している。

    さらにユーザーにとって“通信のより良い未来をつくる”をビジョンとして立ち上げた格安SIM・スマホの総合情報サイト「SIMCHANGE」を運営しているのも同社だ。
    同サイトは、市場に溢れている様々な情報の中から、中立的な立場と独自の視点で編集した情報を掲載している。その情報は時代のニーズに即した内容な上に、質が高いものであるため、その情報をもとに格安SIMをどうするかを考えているユーザーは多く、それは月間アクセス数が170万UU超という数字にも表れている。

    エネルギーマネジメント事業本部 メディア事業部 事業部長 曽我野 達也氏は同サイトについて次のようにコメントしている。
    “電力と通信業界は、解放という意味でマーケットが似ていて、会社設立時にすでに規制が緩和されていた格安SIMの比較サイトを、エネチェンジの電力比較サイトの構築で培ったノウハウを活用し、トライアル的に始めました。光熱費とあわせてユーザーの固定費を下げることが目的です。”

    速いWebサイトは当たり前、WordPressには「KUSANAGI」を

    CTO室 インフラエンジニア
    伊賀原 一峰氏


    そんな「SIMCHANGE」だが、表示速度の課題もあり、Webサーバのリプレイスの計画があがった。
    その移設計画の中心メンバーの一人であるCTO室 インフラエンジニア 伊賀原 一峰氏は、2015年にプライム・ストラテジーがオライリー社より発刊した「詳解WordPress」を当時読んだことから「KUSANAGI」を知り、個人で技術検証をしたことがあったという。

    この事例を最後まで読むにはログインしてください。 もしくは下記リンクからユーザー登録を行ってください。

    既存ユーザのログイン
       

    新規ユーザー登録はこちら

    WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選 プレゼント!

    Webサイト運用の課題を解決した企業、官公庁・各種団体、学校など100を超えるお客様に直接お話をお伺いし一冊にまとめたのが『WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選』(非売品)です。こちらを無料でプレゼントいたします。是非お申し込みください。

    お客様の課題を解決するソリューション、
    条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

    ご相談・お問い合わせフォーム