事例

ゲームメディアサイト『電ファミニコゲーマー』 外部サイトへの記事配信の自動化によりサイト管理者の負担軽減を実現

KUSANAGI for AWS

ゲーム・エンターテイメント
WEXAL 運用効率の改善 的確な提案 安定稼働
お客様

導入前の課題

  • Yahoo!ニュースへの記事配信が手動対応となっていたため、工数が過大に発生していた
  • 社内運用ポリシーとサーバ構成の影響で、本番反映に時間がかかっており、即時性を持った記事配信が不十分だった
  • 旧サーバでのサーバ対応の遅さと、負荷が重なるとサーバダウンやスペックアップによるコスト増が発生していた

導入後の効果

  • Yahoo!ニュースへの記事配信自動化が実現し、社内工数が大幅削減できた
  • サーバ構成をシンプルにしたことで、即時本番反映が可能になった
  • サーバダウンがなくなり、突発的なコスト増やサーバ保守体制も構築できた

「ゲームを作る人の情熱を伝えたい」 ゲームのメディアサイト『電ファミニコゲーマー 』

電ファミニコゲーマーは株式会社マレによって運営されているゲームに関するあらゆる話題を取り扱うメディアサイトである。

株式会社マレは、株式会社ドワンゴの中にあるチームが母体となり、スピンアウトされて誕生した企業である。企業名の「マレ」は「稀」が由来となっており、世の中の才能やクリエイティブな能力、稀な才能をサポートするという意味がある。

事業内容としては、電ファミニコゲーマーの運営から、ゲーム自体の企画プロデュースも行っている。

電ファミニコゲーマー編集長の平氏はこのように語ってくれた。

電ファミニコゲーマー編集長 平氏

「電ファミニコゲーマーは、『ゲームを作る人の情熱を伝えたい』というビジョンを掲げています。
当時、ゲームメディアが様々ありバラバラに見るのがユーザーとしても大変だったため、うまく繋げられるようなサービスができないかな、というところからファミ通、電撃、4gamer、ニコニコが共同で立ち上げたWebゲームメディアです。

その時からの問題意識として、ゲーム業界には一次情報が少ないというのがありました。ゲームクリエイターなどゲームの中心に携わっている人の思いや考えをファンやプレイヤーが知る場がないというのは業界としても大きな問題でした。

そのため電ファミニコゲーマーでは既存の枠組みに囚われず、コンテンツ業界全体に響くような記事を作ることで、ゲーム業界全体の利益になるような濃い情報を提供する「最先端のハイクオリティメディア」として運営をしています。そのためか、記事の長さも他のメディアと比較してかなり長くなるのですが、そこはこのメディアの考え方として、軽い記事ではなく質やコンテンツ力で戦っていけるサイトになっています。

月間でのページビューは現在400万PVほどで、記事数も他のゲームサイトと比較して現状は少ないですが、Twitterも含めての記事の反響数は国内トップクラスですので打率の高い記事が多いのが特徴ですね。」

Yahoo!ニュースへの手動記事配信、コンテンツ本番反映のタイムラグ、バズったときのサーバダウンなど複数の課題が山積

電ファミニコゲーマー編集部 サイト担当 嘉山様
電ファミニコゲーマー編集部 サイト担当 嘉山氏

電ファミニコゲーマーはもともとドワンゴ内のサーバで運営されていた。
ドワンゴからこの電ファミニコゲーマーが事業譲渡されたことに伴い、サイトやサーバの管理についてもマレに移す必要があった。

その際には、従来のサーバと管理体制で抱えていた複数の課題をサーバ移管のタイミングで解消するべく動いた。

当時について編集部の嘉山氏はこのように語っている。

「当時の課題としてはたくさんありましたが特に3つが重要でした。

まずはYahoo!ニュースへの記事配信についてです。ずっと記事が出るたびに手動でFTPを使って配信作業を実施していました。記事が少ないうちはまだ対応できていたのですが、記事が増えてくると社内の人員で毎回実施するのが非常に手間になっていました。途中からまとめて対応するようにしたのですがそれだと情報の即時性が失われるため、なんとか解消したいポイントでした。

次にコンテンツの本番反映についてです。従来のサーバ構成は作成・更新したコンテンツを本番反映させるためにはまず検証環境で記事をアップして、その後本番環境に記事を反映させるというステップになっていたため、即時本番反映で記事を出していくことが叶いませんでした。

最後はサーバダウンです。記事がバズってアクセスが増えたときにサーバが落ちてしまうことが発生していました。その都度スペックアップなどをしていたのですが、突発的なアクセス増加には対応できずコストばかりがかさんでいる状況となっていました。これらの課題をプライム・ストラテジーとKUSANAGIで解消できるということで導入に進みました。」

課題の一手解消により安心してコンテンツ制作に専念できるサイト運営体制に

複数の課題についてプライム・ストラテジーとKUSANAGIによって解消を行っていった。

サーバ側の課題についてはKUSANAGIで、Yahoo!ニュースへの記事配信については記事投稿と共に自動配信されるシステム開発を行った。またサーバ保守運用についてもKUSANAGIマネージドサービス利用により安心した運用体制の構築ができている。

現在の電ファミニコゲーマーについて、嘉山氏はこのように語っている。

「大きな課題だったところが一手に解消できました。

まずYahoo!ニュースへの記事配信については記事が配信・更新されたタイミングで自動でYahoo!ニュースへも配信が行われるようになり、今まで手作業で行っていた手間が一気に解消できました。これは記事配信の効率化の面でとても大きかったです。

その他、KUSANAGI環境でサーバ構成を電ファミニコゲーマーに適した構成にしたことでコンテンツも即時で本番反映ができるようになり、記事がバズってもサーバダウンもなくなりました。電ファミニコゲーマーの記事は質の高い反響が多いので、バズってもサーバダウンしないことは、運営側にとってもユーザー側にとってもベネフィットが大きかったです。

サーバ移設をしてからページ表示速度が速くなったように感じていますし、画像の最適化もしていることで画像の読み込み速度は明確に速くなっています。
運用保守体制という部分も、サーバやWordPress、プラグインのアップデートについてもおまかせできているのでこちらとしては安心してコンテンツ制作に専念できるようになっています。」

GoogleのPageSpeed Insights改善などさらにユーザーフレンドリーなサイトへ

電ファミニコゲーマーの今後について、編集長の平氏は最後にこのように語ってくれた。

「嬉しいことに知名度も上がって、扱う記事の数と幅が広がってきました。
そこで、今後メディアを大きくしていくために、大幅サイトリニューアルを検討しています。また、SEOの観点からもGoogleのPageSpeed Insightsの評価を上げてユーザーフレンドリーなWebページにしてきたいです。」

KUSANAGI導入前に自社サイトも高速化するかどうかチェックしてみる
高速化を実現したKUSANAGIを見てみる
担当者の運用負担を軽減できるマネージドサービスを見てみる

Webサイト運用の課題解決事例100選 プレゼント

Webサイト運用の課題を弊社プロダクトで解決したお客様にインタビュー取材を行い、100の事例を108ページに及ぶ事例集としてまとめました。
  • 100事例のWebサイト運用の課題と解決手法、解決後の直接、間接的効果がわかる
  • 情報通信、 IT、金融、メディア、官公庁、学校などの業種ごとに事例を確認できる
  • 特集では1社の事例を3ページに渡り背景からシステム構成まで詳解

サービス導入に関してご不明な点、ご質問がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

資料請求

KUSANAGIマネージドサービスの課題解決事例集などの各種資料がダウンロードいただけます。

お見積り

「まずは概算が欲しい」「仕様に則った詳細見積もりが欲しい」など状況に応じてお見積り致します。

お問い合わせ

当社サービスの検討にあたってのご質問やご相談などからお気軽にご連絡ください。(フォーム、電話、メール)

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6551-2996
受付時間:平日9:00 ~ 18:00