処理速度計測中:0.008 sec  ページキャッシュは使用しておりません。
プライム・ストラテジー
2009年12月24日 プライム・ストラテジー

自動更新中にエラーで止まった後、サイトが表示されなくなったら

WorePress2.7以降から導入された『自動アップデート』はとても便利な機能なんですが、アップデートの途中でネットワークが切れたりなどして終わってしまうと、こんなエラーが出てにっちもさっちもいかなくなります。

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.

コンソールやFTPから、手動で最新ファイルに上書きしてもこのエラーは消えてくれません。管理画面へのログインも出来ない。

これは、自動アップデートをする際のロックファイルがドキュメントルートに残ったままになってしまうのが原因です。

WordPressの自動アップデートは、アップデート中にアクセスがあって不具合が生じるのを防ぐために、自動アップデートの開始時にルートの位置に .maintenance というファイルを設置します。

このファイルは自動アップデートの終了時に自動的に削除されるんですが、先述のように自動アップデート自体が途中で終了してしまうと、このファイルが残ったままなにもできなくなります。 そんなときは、このファイルを手動で削除してから、全体を最新ファイルで上書きすればOKです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

トラックバックURL

https://www.prime-strategy.co.jp/wp/464/trackback/