超高速WordPress実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度
language

    日本最古の英字新聞社が作った英語学習サイト「Alpha Online」、「KUSANAGI」導入で安定したサイト運営を実現

    採用プロダクト
    KUSANAGI for AWS

    株式会社ジャパンタイムズ

    サービス導入前の課題


    • 会員制にする前に、サーバを適切な状態にし、サイト運営の安定化を図りたかった。

    • 保守をおこなっていなかったため、24時間365日の保守ができるところを探していた。

    サービス導入後の効果


    • 安定したWeb環境を実現した。

    • 24時間365日の保守体制を構築した。

    日本最古の英字新聞社ジャパンタイムズが作る、英語学習サイト「Alpha Online」

    株式会社ジャパンタイムズは、主に日本国内の情報を世界に迅速かつ、正確に伝えていくのをミッションとして、1897年に設立された日本最古で最大の英字新聞社だ。
    同社が発行する「The Japan Times」の創刊時は、文明開化によって西洋の文化が日本に入り、それまでの制度や習慣は大きく変化していた時期だった。

    当時、外国人から見た日本は、まだ近代化には程遠いとみられており、そうした状況を見た創業者たちが、“日本のイメージをしっかり伝えたい”と考え、設立された。海外へ事業展開していた企業や財界人から、資金面での協力を得ながら、“日本から英語で発信する”ことを大切に今日まで運営され、現在は世界各国で読まれるほどの媒体となった。

    「The Japan Times Alpha」の紙面コンテンツと連動して学習できるWebサイト「Alpha Online」

    株式会社ジャパンタイムズ 執行役員補佐経営管理局次長 兼 経営推進部長 大野 裕幸氏

    株式会社ジャパンタイムズ
    執行役員補佐経営管理局次長
    兼 経営推進部長 大野 裕幸氏

    ジャパンタイムズは、英語学習者向けに「Student Times」を1951年に創刊した。2018年7月に「The Japan Times Alpha」と題号を変更し、同時にWebサイトをリニューアルした。「The Japan Times Alpha」は、その週に起きた国内外のニュースを毎週読者に届けている週刊の英字新聞だ。紙面には、英文記事と記事に書かれてある重要語句の解説や注釈・その記事の英語レベルなどが掲載されており、最新のニュースを英語教材として生きた英語表現をそのまま学ぶことができる。紙面連動のWebサイト「Alpha Online」では紙面掲載の英文記事の全訳などを提供している。

    また、読者限定のWebコンテンツ『Club Alpha』では、英文記事のネイティブ音声やボキャブラリーに関する設問などを掲載することで、Webユーザーがより高い英語力を獲得することをサポートしている。忙しいビジネスパーソンや学生が、スキマ時間に英語学習できるよう工夫されたWebオリジナルのコンテンツも多数配信することで、ユーザーの満足度を高めることを目指している。執行役員補佐 経営管理局次長 兼 経営推進部長 大野 裕幸氏は同サイトの魅力をこう語っている。

    「読者やWebユーザーの英語レベルはTOEIC®600~850の方が中心です。紙面及びWebサイトは、『最新のニュースで英語を学ぶ』というテーマで統一されており、英語や海外の文化に興味を持っているユーザーの関心も高いものになっています。今後は、いかにユーザーの学習意欲を継続的に喚起していくかがポイントになりますので、『The Japan Times Alpha』と『Alpha Online』でのコンテンツの連携をさらに強化し、また音声や映像などのアクティブコンテンツも随時追加することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させていきます。」

    会員制にする前に、システム回りの改善と24時間365日の保守体制を手に入れたい

    株式会社ジャパンタイムズ 編集局 メディア制作部長 千振 弘光氏

    株式会社ジャパンタイムズ
    編集局 メディア制作部長 千振 弘光氏

    「Alpha Online」は、公開されたばかりとあって、システム面での大きな問題は無かった。しかし、将来的には会員制への移行を予定していたため、「The Japan Times ウェブサイト」が抱えていた、Web環境の不安定さやサーバコスト、適切な保守体制の必要性といった課題は同サイトでも同様に懸念されており、会員制に移る前に解決させておく必要があると考えられていた。

    そのため、「The Japan Times ウェブサイト」の「KUSANAGI」導入と保守会社をプライム・ストラテジーに切り替えることが決定した時、合わせて同サイトも移設を行い、24時間365日の保守もすることにした。編集局 メディア制作部長 千振 弘光氏は同サイトの運営についてこう語る。

    「『Alpha Online』に関しては立ち上げたばかりではありましたが、今後、会員制にするという目標があり、そうなる前にサーバを移設しようと話していました。前身の『STオンライン』の時には保守を一切依頼していなかったので、今回、『The Japan Times ウェブサイト 』を移設するにあたって、『Alpha Online』も一緒に保守を入れようとなりました。導入後、サイトの速度も改善されています。」

    幅広いWebユーザーの獲得と紙面の発行部数を伸ばしていく

    最後に、「Alpha Online」が今後目指す姿について聞いてみたところ、大野氏はこう教えてくれた。
    「今後についてですが、我々ジャパンタイムズはあくまでも日刊の英字新聞『The Japan Times』の発行がビジネスの中核であると考えており、そのすべてをデジタル化するつもりはありません。『The Japan Times Alpha』も同様に、まずは紙面の読者を増やして、『Alpha Online』で提供するコンテンツの相乗効果による英語力の向上を、読者への大きなサービスとして提供していきたいですね。」

    株式会社ジャパンタイムズ

      

    本事例お客様ご利用のサービス

    「KUSANAGI公式サポートサービス」「KUSANAGIマネージドプラン」をご利用いただいております。
    「サーバのことはよくわからない」「すべてを任せたい」という企業様向けの、KUSANAGIのクラウドホスティングを含み、WordPressサイトおよびサーバの運用管理まで弊社にて行うマネージド型のサポートプランです。

    WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選 プレゼント!

    Webサイト運用の課題を解決した企業、官公庁・各種団体、学校など100を超えるお客様に直接お話をお伺いし一冊にまとめたのが『WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選』(非売品)です。こちらを無料でプレゼントいたします。是非お申し込みください。

    お客様の課題を解決するソリューション、
    条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

    ご相談・お問い合わせフォーム