超高速WordPress実行環境 KUSANAGI稼働中
本サイト処理速度
language

    Webメディアのプロが認めた「KUSANAGI」の実力

    採用プロダクト
    KUSANAGI for GCP

    株式会社メディア・ヴァーグ

    サービス導入前の課題


    • 管理画面とサイトの表示速度を改善したい。

    サービス導入後の効果


    • 「KUSANAGI」とCDNの導入によって急激なアクセス数増加による影響が起きなくなった。

    Web×メディアの将来性を感じた同社が運営する魅力的なWebサイト

    2011年4月、Webメディア運営ベンチャーとしてスタートした株式会社メディア・ヴァーグ。同社の代表取締役 浦山利史氏は出版社に勤めていたことからメディアの面白さを感じていた。そんな中、当時運営していた個人ブログのオフ会開催時、80名ほどの読者が集まったことをきっかけにWebとメディアの将来性を感じ取り、立ち上げられた会社だ。以降、質の良いコンテンツを提供することを念頭に、自社独自のWebコンテンツのほかに、他社との共同メディアの立ち上げ・運営を行うなど、様々な方法でユーザーに情報を届け続けている。現在の収益構造は、プログラマティック広告やタイアップ広告をメインとして運営している。

    そんな同社が設立当初から提供している「乗りものニュース」は、乗り物全般や公共交通機関の情報を広くわかりやすく届け続けてきた。その「乗りものニュース」の中で、特に評判がよかったクルマのコンテンツをスピンオフさせ、よりクルマの情報に特化したサイトが「くるまのニュース」だ。質にこだわった記事制作はもちろんのこと、若い人にもクルマの面白さを伝えられるよう、専門用語をわかりやすい言葉に変えるなどの工夫をしているという。クルマやバイク関連の記事を通して、『知らなかったことを知る喜び』を感じ取れるような内容を心掛け、幅広い層に受け入れられやすいその内容は、多くの支持を集め、現在では月間2000万PVを集める注目メディアとなっている。

    右肩上がりでPV数を獲得してきた「くるまのニュース」のサーバ環境を見直し

    統括プロデューサー 坂口 巧様

    「くるまのニュース」は昨年11月にシークレットスタートし、当初は月間数百PVからスタートしている。同社が持つ各メディア運営のノウハウを生かし、大手ポータルサイトやニュースアプリなどへの配信を行い、半年ほど経った時点で月間2000万PVを獲得するほどのメディアに育った。
    スタート直後のPV数は大規模なものにはならないだろうという想定のもと、大手レンタルサーバ会社の共有環境を使用していたという。サイトのアクセス数が右肩上がりに伸び続ける中、もともと遅かったサイト表示がより遅延するようになってきた。

    この事例を最後まで読むにはログインしてください。 もしくは下記リンクからユーザー登録を行ってください。

    既存ユーザのログイン
       

    新規ユーザー登録はこちら

    WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選 プレゼント!

    Webサイト運用の課題を解決した企業、官公庁・各種団体、学校など100を超えるお客様に直接お話をお伺いし一冊にまとめたのが『WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選』(非売品)です。こちらを無料でプレゼントいたします。是非お申し込みください。

    お客様の課題を解決するソリューション、
    条件に沿ったベネフィットあるご提案を提供いたします。

    ご相談・お問い合わせフォーム