お知らせ内容をここに入力してください。

【注目銘柄】仮想通貨WOOとは?手数料の安さに特化したプロジェクト銘柄

【PR】本記事はプロモーションを含みます
仮想通貨WOOとは?

「仮想通貨のWOOってどんな通貨なの?」

「WOOの最適な買い方を知りたいな」

「セキュリティ面や買うときの注意点が知りたい」

これらの疑問や悩みを解決する記事を用意しました。

仮想通貨WOOは時価総額が高く、ひそかに注目を集める銘柄です。

WOOは明確な開発目的のあるプロジェクトが開発した仮想通貨で、信頼性があります。

実際に私もWOOを購入して保有しています。

この記事を読んでWOOの仕組みを理解し、本当に信頼に値する仮想通貨なのか?判断材料にしてくださいね。

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

仮想通貨WOO(ウー)とは?

仮想通貨WOOとは?

仮想通貨「WOO」とは、仮想通貨取引サービスを運営している「WOO Network」が発行している仮想通貨です。

「ウー」と読み、「WOO Network」はウーネットワークと読みます。

WOO Networkは、仮想通貨取引の際にかかる手数料の「低コスト&ゼロコスト」を実現させるためにWOOを開発しました。

WOOはイーサリアムチェーン上で発行された仮想通貨で、現在では10種類以上のブロックチェーン上で活用できます。

WOOが使用できるブロックチェーンとコントラクトアドレス一覧
スクロールできます
ブロックチェーン名コントラクトアドレス
Ethereum0x4691937a7508860f876c9c0a2a617e7d9e945d4b
BNB Smart Chain 0x4691937a7508860f876c9c0a2a617e7d9e945d4b
SolanaE5rk3nmgLUuKUiS94gg4bpWwWwyjCMtddsAXkTFLtHEy
HECO0x3befb2308bce92da97264077faf37dcd6c8a75e6
Fantom0x6626c47c00F1D87902fc13EECfaC3ed06D5E8D8a
Polygon0x1B815d120B3eF02039Ee11dC2d33DE7aA4a8C603
Avalanche0xabc9547b534519ff73921b1fba6e672b5f58d083
OKExChain0x5427a224E50A9aF4d030AeeCD2a686D41F348DFE
Arbitrum0xcafcd85d8ca7ad1e1c6f82f651fa15e33aefd07b
Near4691937a7508860f876c9c0a2a617e7d9e945d4b.factory.bridge.near

次に「WOO Network」はどのようなプロジェクトなのか、詳しく見ていきましょう。

WOO Networkの概要と基本情報

WOO-Networkの概要と基本情報

WOO Networkは2019年5月に「Kronos Research」によって立ち上げられた、仮想通貨トレードサービスのプロジェクト名です。

 Kronos Researchは台湾に拠点を置く、仮想通貨取引やマーケットメイク、ベンチャー投資を行う企業です。

スクロールできます
プロジェクト名WOO Network
開発サービスWOO X
WOO Fi
通貨名WOO
運営会社Kronos Research
時価総額¥103,355,969,045
時価総額ランキング83位
総発行枚数2,230,434,667枚
公式サイト公式サイト
公式X(旧Twitter)Xリンク

※2023/12月時点の情報を掲載しています。

WOO Networkは2つのサービスを開発、提供しています。

  • WOO X
  • WOO Fi

上記2つを詳しく解説していきます。

WOO Xとは?【手数料の安さが魅力】

WOO XはWOO Networkが運営している仮想通貨取引所です。

WOO Xでは、主に仮想通貨の売買や少ない資金で大きな取引ができるレバレッジ取引、仮想通貨を預けて利息を得られるステーキングサービスなどが利用できます。

WOO Xには下記の特徴があります。

特徴
  • 取り扱い銘柄数142種類以上
  • 手数料が安い
  • 取引画面のカスタマイズが可能
  • 一定数のステーキングで取引手数料が無料

WOO Xは国内取引所と比べて多くの銘柄を扱っており、取引手数料の安さが魅力です。

また、チャート画面のカスタマイズができ、テクニカルな分析ができます。

さらに1,800WOOをステーキングすると、53種類以上の銘柄の取引手数料が無料になります。

WOO Networkはユーザーにとって利用しやすいネットワークを目指し、取引手数料の削減やスムーズな仮想通貨の売買、ステーキングサービスなどを展開している仮想通貨取引サービスです。

※注意点として、WOO Xを利用するには本人確認を行う必要があり、パスポートが必須になります。

WOO Fiとは?【通貨の交換が便利!】

WOO Fiは、DeFiと呼ばれる分散型金融サービスの1つです。

DeFiとは?

DeFi(ディファイ)とは分散型金融の略でインターネット上で個人同士の仮想通貨取引ができます。

通常、インターネット上の金融取引は、銀行や証券会社などの中央管理機関が間に入り取引の処理を行います。

一方、DeFiではプログラムがすべての取引を処理するので、中央管理機関が存在しません。

これによりDeFiは、手数料の安さと取引スピードの速さを実現しています。

WOO Fiでは以下のことができます。

できること
  • 仮想通貨同士の交換
  • クロスチェーンスワップ
  • ステーキング

WOO Fiは仮想通貨同士の交換はもちろん、クロスチェーンスワップと呼ばれる異なるブロックチェーンをまたぐ仮想通貨の交換ができます。

また、ステーキングに参加すると、決められた利率の報酬を得られます。

このように、WOO Fiを利用すればステーキング収益だけでなく仮想通貨同士の簡単な交換が可能です。

次にWOOの特徴について解説していきます。

WOOのもつ【4つの特徴】を紹介!

WOOの特徴

これまで解説してきた内容を踏まえてWOO Networkの特徴を紹介します。

WOO Networkの特徴は下記の4つです。

特徴
  • 取引手数料が安い
  • 仮想通貨の交換が簡単にできる
  • ステーキングで報酬がもらえる
  • 流動性が高い

それぞれ1つずつ解説していきます。

取引手数料が安い

WOO Networkの提供しているWOO Xは低コストで取引ができ、一部の取引は手数料が無料です。

下の表はWOO Xの取引手数料一覧です。

スクロールできます
Tier 0Tier 1Tier 2Tier 3Tier 4Tier 5
WOOステーキング数01,80025,000150,000500,0001,000,000
毎日の無料出金回数0124815
紹介率5%10%15%25%40%50%
1.スポット/マージン
ゼロ手数料ゾーン
メイカー/テイカー手数料0.05%0%0%0%0%0%
2.スポット/マージン
メイカー手数料0.05%0.03%0.02%0.01%0%0%
テイカー手数料0.08%0.06%0.04%0.02%0%0%
先物
メイカー手数料0.02%0.015%0.01%0.005%0%-0.005%
テイカー手数料0.05%0.045%0.035%0.025%0.02%0.015%

メイカーは売り注文を出す人をいい、テイカーは買い注文を出す人を指します。

仮想通貨を売買する際には、売り手も買い手も手数料がかかります。

たとえば、海外の大手取引所のBybitではメイカーとテイカーの手数料はともに0.1%ですが、WOO XではTier 0でも0.05%なので手数料が安いといえます。

さらに上の表を見ると1.スポット/マージンのTier 1以上では手数料がかかりません。

WOO Xは低コストかつゼロコストが特徴の魅力的な取引所です。

仮想通貨の交換が簡単にできる

WOO Fiを使えば仮想通貨同士の交換が簡単にできます。

その理由は、WOO Fiを使った仮想通貨の交換は、わかりやすい画面で操作が簡単だからです。

下の画像はWOO Fiの交換画面です。

また通常、異なるブロックチェーンをまたいだ仮想通貨の交換は手順が多く時間がかかってしまいますが、WOO Fiなら1回の交換で済みます。

交換のやり方は、WOO FiにMetaMaskウォレットを接続して、交換したい通貨を選択するだけです。

仮想通貨はWOO Fiを活用すれば、簡単に交換ができます。

ステーキングで報酬がもらえる

WOO XとWOO Fiは、ステーキングサービスがあります。

ステーキングは保有しているWOOを一定期間預けると、利率に応じて報酬としてWOOをもらえます。

たとえば、WOO Fiに1,0000WOOをステーキングした場合を例にしましょう。

  • WOO Xの年利率=5.25%
  • 2023/12月現在の1WOOの価格=63円

1,0000WOO(630,000円分)を年利率5.25%でステーキングします。

【計算式】

10,000WOO×0.0525%=525WOO

年間525WOO(33,075円)がステーキング報酬でもらえる計算です。

毎月に換算すると、525WOO÷12か月=43.75WOOなので、約2,756円相当のWOOが毎月報酬でもらえる計算です。

流動性が高い

WOO Networkは、流動性が高いためユーザーは迅速かつ容易に取引を行えます。

流動性とは?

流動性とは商品がどれだけ簡単に売買できるかを表す言葉です。

流動性が高いと売買が成立しやすく、低いと売買が成立しにくくなります。

たとえば、ビットコインは市場に多く出回っているので、いつでも簡単に売買が成立します。

一方、市場にあまり出回っていない商品は売買が成立しにくいです。

なぜなら、WOO Networkは多くの仮想通貨企業とパートナー提携しており、これにより市場に豊富な流動性が供給されているからです。

そのため、仮想通貨を売りたい場合、待ち時間がかからずに迅速に取引が成立します。

このようにWOO Networkは市場に流動性を提供することで、取引の効率性を高めています。

【リアルタイム】WOOの価格・チャート

WOOの現在の価格とチャートを見ていきましょう。

現在の価格・時価総額(日本円)

現在のチャート(リアルタイム)

WOOの将来性はある?ない?検討

WOOの将来性

WOOは将来性があると私は予想しています。

理由は以下の通りです。

・取引手数料が安いから
・セキュリティが強固だから
・1日の取引ボリュームが多いから

WOO Xは取引手数料が安いため、多くのユーザーが利用しています。

また、WOO Xは二段階認証や生体認証を導入しているので、セキュリティが強固です。

さらに、1日の取引量が87億円もあり、これは多くのユーザーが利用している証拠です。

これらの理由から、WOOの将来性があると予想しています。

WOOを買える国内取引所はない!購入手順解説

WOOは国内取引所では取り扱っていません。

買うためには、下記の2通りのパターンで購入します。

WOOを買う方法
  1. 海外取引所で購入する
  2. MetaMaskでWOOに交換する

上記2通りの中でオススメは2の「MetaMaskでWOOに交換する」です。

WOOを購入するためには、国内取引所でETHを購入してMetaMaskにETHを送金する必要があります。

ETHをMetaMaskに送金する際、手数料がかからずに送金できる取引所はGMOコインです。

WOOの詳しい買い方は後ほど説明します。

送金手数料が完全無料【GMOコイン】NFT取引にオススメ!

gmocoin
【取引所】
取扱通貨数
BTC取引高【取引所】
取引手数料

26種類

337 BTC

Maker:-0.01%
Taker:0.05%
送金手数料出金手数料口座開設
キャンペーン
無料無料最大10万円当たる
GET
  • 2023/12/12のBTC24時間取引高(https://jpbitcoin.com/調べ)
Good Point
  • 申込から最短10分で取引開始できる!
  • 送金手数料、入出金手数料が無料!
  • 取扱銘柄数は国内最大級いつでも欲しい銘柄が買える

GMOコインは各種手数料が無料。NFTの売買時に必要となる送金手数料もモチロン無料

信頼と実績のあるGMOインターネットグループなので、堅牢なセキュリティ体制でお客さまの大切な資産を守っています。

オンラインで「かんたん本人確認」してしまえば、申し込み後速攻で取引できちゃう!今すぐ始めたいならGMOコインがおすすめです!

国内取引所からWOOを買う方法【3ステップ】

WOOの買い方

WOOの買い方を説明します。

3ステップでWOOを入手できます。

3ステップ
  1. GMOコインでETHを購入する
  2. GMOコインからETHをMetaMaskに送金する
  3. MetaMaskでETHをWOOに交換する

それでは画像を見ながら手順に沿ってやっていきましょう。

STEP
GMOコインでETHを購入する

1.ETHをタップします。

2.購入したい金額を入力して「確認画面へ」をタップします。

これで、GMOコインでETHが購入できました。

STEP
GMOコインからETHをMetaMaskに送金する

1.トレーダーモードに切り替えをタップします。

2.預入・送付をタップします。

3.ETHをタップします。

4.送付を選択して、登録したMetaMaskのアドレスをタップします。
MetaMaskのアドレスの登録をしていない場合は「新しい宛先を追加する」からアドレスを追加しましょう。

5.登録情報の間違いがないか確認して「次へ」をタップします。

6.1~4を入力して「確認画面へ」をタップします。

7.「実行」をタップします。

これで、GMOコインからMetaMaskにETHを送金できました。

STEP
MetaMaskでETHをWOOに交換する

1.MetaMaskを開きます。

2.「トークンをインポート」をタップします。

3.カスタムトークンを選択して、トークンアドレスにWOOのコントラクトアドレスを入力し「インポート」をタップする。

以下をコピー&ペーストしてください。

【WOOのコントラクトアドレス】
0x4691937a7508860f876c9c0a2a617e7d9e945d4b

4.「Wootrade Network」をタップする。

5.「スワップ」をタップする。

6.ETHを選択しWOOと交換したい数量を入力して「クォートを入手」をタップする。

7.「スワイプしてスワップ」をする。
スワップはガス代と呼ばれるネットワーク手数料が発生するので、ガス代が安い時間帯にスワップしましょう。
オススメの時間帯は13:00~17:00です。

かずき

これで、WOOの購入ができました。

ここまでお疲れさまでした。

WOO Fiのステーキング方法

WOO Fiを利用したステーキング方法を解説していきます。

ステーキングとは?

ステーキングとは、対象の仮想通貨を保有し、そのブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が得られる仕組みです。

STEP
WOO Fiのステーキング方法

1.MetaMaskを開きます。
2.画面上部、赤枠の部分をEthereum Main Networkにします。
3.最下部のメニューから方位磁石マークをタップします。

4.検索バーにhttps://fi.woo.org/と打ち込みます。

5.LAUNCH APPをタップします。

6.Connect Walletをタップします。

7.MetaMaskをタップし、接続します。

8.下部の赤枠からStakeをタップします。

9.任意の数量を入力してAPPROVEをタップします。

10.承認を「タップ」する。

はるか

これで、ステーキングの完了です。

WOOのセキュリティ対策

WOOのセキュリティ対策

WOO Networkは、強固なセキュリティ対策を講じており、ユーザーの資産を守っています。

以下がWOOのセキュリティ対策です。

WOOのセキュリティ対策
  • 2要素認証
  • コールドストレージ
  • マークルツリー

上記3つを説明していきます。

2要素認証 (2FA)

2要素認証は、不正アクセスを防ぐための有効な手段です。

2要素認証はユーザーがログインする際にパスワードだけでなく、別のデバイスを使用して認証したり、別のアプリを利用して認証するシステムです。

たとえば、スマホに送信される一時的なコードを入力して本人であると確認します。

WOO Networkでは、2要素認証を採用して悪意あるアカウント侵害からユーザーを守っています。

コールドストレージの利用

コールドストレージは、インターネットから隔離された環境で仮想通貨を保管する方法です。

コールドストレージで資産を管理すると、ハッキングやマルウェアなどから資産を守れます。

WOO Networkでは、大部分の資産をこの安全なコールドストレージに保管しており、ユーザーの資産を保護しているんですよ

【マークルツリー】独自のセキュリティ対策

WOO Xでは、ユーザーの資産と取引の安全を守るために、マークルツリーと呼ばれる特別な技術を使ったセキュリティ対策を行っています。

マークルツリーは、ユーザーの口座残高を暗号化する技術で、ユーザーは自分の口座の情報を他人に見られることなく、WOO Xがどのように資産を管理しているかを直接確認できます。

つまり、自分のお金が安全に保管されているかを確かめられるんです。

これにより、ユーザーは安心して取引を行えます。

仮想通貨取引の注意点とリスク管理方法

仮想通貨取引は大きな利益をもたらす可能性がある一方で、同時にリスクも伴います。

WOOの取引も例外ではなく、いかにWOO自体のセキュリティが高くても運用者自身がリスク管理を行うことが大切です。

仮想通貨取引に関わるリスクは以下の通りです。

注意点
  • 送金アドレスの間違いによる資産喪失
  • 詐欺やなりすましに気をつける
  • 価格下落のリスクがある
  • ウォレットも資産も分散管理する

これらを詳しく見ていきましょう。

送金アドレスの間違いによる資産喪失

送金アドレスの間違いは、資産を永遠に失います。

なぜなら、ブロックチェーンの特性上、仮想通貨の送金は一度行うと元に戻せないからです。

送金先アドレスを一文字間違えただけで資産を失う可能性があります。

送金する場合は細心の注意を払い、送金先のアドレスは必ずコピー&ペーストしましょう。

また、送金前にはアドレスを必ず複数回確認し、可能であれば小額のテスト送金を行うのを推奨します。

詐欺やなりすましに気をつける

仮想通貨の情報を仕入れるときは、詐欺やなりすましに気をつけましょう!

なぜなら、仮想通貨の情報を知るために調べたSNSや登録したメールから発展する詐欺、なりすましによる資産の盗難被害が多いからです。

先ほど紹介したMetaMaskは、X(旧Twitter)でMetaMaskと呟くと、突然「サポートします」とコメント欄にMetaMaskの偽サイトが送られてきます。

そのサイトでウォレットを接続したり、パスワードを入力したりすると、資産が盗まれてしまいます。

公式からダイレクトメッセージは決してこないので、個人情報や秘密鍵は決して共有しないでくださいね。

価格下落のリスクに気をつける

仮想通貨取引は価格下落のリスクがあります。

仮想通貨の価格は非常に変動しやすく、大きな下落によって資金を失うリスクがあります。

仮想通貨取引は高いリターンの可能性を秘めていますが、それに伴うリスクも十分に理解して行いましょう。

ウォレットも資産も分散管理する

仮想通貨取引を行う際は、ウォレットも資産も分散して管理しましょう。

なぜなら、分散管理をすると先ほど説明した3つのリスクに対する対策ができるからです。

たとえば、ウォレットを分散管理していれば詐欺やなりすまし被害に遭ってもすべての資産を失わずに済みます。

また、資産を分散しておけば特定の銘柄の価格暴落が起きても、資産を守れます。

仮想通貨は必ず分散して管理をしましょう。

仮想通貨WOOのまとめ

この記事では、仮想通貨の銘柄であるWOOについて詳しく解説してきました。

最後に重要なポイントをおさらいしていきましょう。

WOOはWOO Networkが発行している
WOO XとWOO Fiはそれぞれ役割が違う
WOO Networkは手数料が安い
WOO Networkはセキュリティが強い

WOOは取引手数料が安いため、多くのユーザーが利用しており今後、価格上昇の可能性があります。

この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
あなたの役にたったのなら幸いです。

仮想通貨WOOについてよくある質問

WOOトークンをステーキングすると、どのような利益が得られますか?

WOOトークンをステーキングすることで、取引手数料の削減や追加のトークン報酬を得られます。これにより、長期保有者は収益性を高めることが可能です。

>> ステーキングで報酬がもらえる

WOO XとWOO Fiの違いは何ですか?

WOO Xは中央集権型の仮想通貨取引所で、低手数料の取引や高い流動性が特徴です。一方、WOO Fiは分散型金融(DeFi)プラットフォームで、トークンスワップや流動性提供による報酬が主な機能です。

>> WOO Networkの概要と基本情報

WOO Networkのセキュリティ対策にはどのようなものがありますか?

WOO Networkのセキュリティ対策には、2要素認証(2FA)とコールドストレージの利用があります。これにより、アカウントの不正アクセスを防ぎ、ユーザーの資産をオンラインの脅威から守っています。

>> WOOのセキュリティ対策

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロトレーダーの友人にすすめられて約10年前から少額でFX投資を開始。
金融相場で各種コインが暴騰する2021年から暗号資産投資も始めています。

現在は、ビットコインで短期トレードしながら、各種アルトコインで長期投資をやっています。
投機ではなく投資としてトレードと向き合いうため、できるだけ根拠を持ってエントリーと損切りに向き合うことがモットーです。
個人的には、レイヤー1に加えて、オラクルやインターオペラビリティに関するコインに注目しています。

目次