お知らせ内容をここに入力してください。

【売れないのは当然】NFTアートが売れない9つの理由と11の売るコツを解説

【PR】本記事はプロモーションを含みます
NFTアートが売れない

「NFTアートが売れない…」

「作品作りのヒントを得たい!」

「成功事例や販売戦略を知りたい!」

これらの悩みを解決します。

先に結論を言うと、NFTアートの売れない理由はマーケティングができていないからです。

マーケティングって何したらいいの?という方のために、具体的な売るコツや戦略を紹介します。

この記事を最後まで読んで実践すれば、NFTアートの売れる確率はグンっとアップし、クリエイターの価値を高められますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

【前提】販売しただけじゃNFTアートは売れません

NFTアートは販売しただけでは売れません。

なぜなら、買う側にメリットがないからです。

多くの人は利益を求めているので、商品に価値がなければ誰も買ってくれません。

つまり、商品の価値を高めれば買ってもらえる可能性は高まります。

マーケティングに力を入れ、販売計画を立てましょう。

NFTアートが売れない9つの理由と対策

NFTアートが売れない9つの理由と対策

それでは、NFTアートが売れない具体的な理由を確認しましょう。

下記にNFTアートが売れない理由を挙げました。

売れない理由
  • 作品とクリエイターの認知度不足
  • 販売価格が高すぎる
  • トレンドを捉えていない
  • 海外勢にリーチしていない
  • 購入するメリットがない
  • コンセプトに一貫性がない
  • ストーリー性や計画性がない
  • 宣伝ができていないか
  • イーサリアムチェーン以外で販売している

これらは1つだけを改善しても効果は薄いですが、一つひとつを改善していけば売れる可能性がグッと高くなります。

次で売れない理由9つと対策を解説しますね。

作品とクリエイターの認知度不足

作品とクリエイターの認知度が低いと、NFTアートは売れません。

対策は多くの人に作品を知ってもらうために、SNSなどを使って発信をしましょう。

たとえば、X(旧Twitter)やInstagramは宣伝や告知を目的に活用し、DiscordではNFTプロジェクトのコミュニティを運営するのが一般的な方法です。

まずはSNSを使ってコツコツと発信し、認知度を上げていきましょう。

販売価格が高すぎる

NFTの販売価格が高すぎると、作品は買ってもらえません。

なぜなら、人間は少しでも価格が高すぎると負担に感じてしまい、購入時期を見送ってしまうからです。

そのため、買っても負担に感じない価格に設定すると、購入して貰えるチャンスが増えます。

買いやすい販売価格は0.001ETH〜0.005ETHほどを目安にするといいでしょう。

2023/10月現在、1ETHの価格は24万円ほどなので、0.001ETH〜0.005ETH(240円〜1,200円)程度で販売するのをオススメします。

トレンドを捉えていないから

作品にトレンドを取り入れるのもNFTアートを売るために必要なんです。

世の中の流行りものと同じように、NFTにもトレンドがあります。

たとえば、2023年現在では「Generative AI」を基軸としたNFTがトレンドです。

火付け役の1つであるBored Ape Yacht Clubは「Generative AI」と「猿」を合わせた人気のNFTプロジェクトです。

OpenSea Bored Ape Yacht Club

引用元:OpenSea Bored Ape Yacht Club

Generative AIとは

Generative AIとは各パーツを重複しないように組み合わせる技術の生成 AIを指します。

たとえば頭、目、鼻、口のパーツを各2種類ずつ作り、それを重複せずに組み合わせて作る技術がGenerative AIです。

上記の場合だと重複せずに16種類の作品が作れます。

Bored Ape Yacht Club以降「Generative AI」を使ったNFTプロジェクトが数多く発行されています。

トレンドの見つけ方は記事後半で解説しています。

海外勢にリーチしていないから

NFTを売るときは海外に向けて販売しましょう。

なぜなら、NFT市場は海外シェアが多く占めているからです。

日本人のNFT保有者数は15,000〜17,000人程ですが、海外では2.4億人がNFTを保有しています。

そのため、海外にもリーチした方が売れる可能性は高いです。

海外に向けたアプローチ方法は記事後半の「作品の説明文は英語で作ろう」で説明しています。

購入するメリットがないから

購入するメリットがあれば、NFTを買ってもらえます。

たとえば、作品に付加価値や特典をつけると、お得感を得て購買欲が高くなります。

そのため、メリットを感じてもらえる施策をしましょう。

具体的な方法は記事後半の「特典や付加価値をつける」で説明しています。

コンセプトに統一性がないから

作品を作るときはコンセプトを決めて、統一性を意識しましょう。

なぜなら、作品に統一性があると作品の印象を強め、ブランドイメージを向上させられるからです。

たとえば、統一性がある作品はコレクターやファンの印象に残りやすく、作品に対する信頼性が確実に高まります。

統一性を持たせた作品は、プロモーションやマーケティング活動においても有利です。

コンセプトを決めて統一性のあるプロジェクトにしましょう。

ストーリー性や計画性がないから

購入したNFTを活用する、今後の計画やストーリー性を作りましょう。

たとえば、キャラクターのNFTを作るのであれば世界観の設定をしたり、作品の関連コンテンツを作ったりすれば継続性のあるコレクションだと思ってもらえるので、購入に繋がりやすいです。

作って終わりのコレクションにせず、ストーリー性や計画性のあるプロジェクトにしましょう。

宣伝ができていないから

NFTを売るなら宣伝は欠かせません。

具体的にはX(旧Twitter)やInstagramを使って魅力を発信したり、DiscordでNFTプロジェクトのコミュニティを作ったりなどの広告宣伝を行うと良いでしょう。

NFTプロジェクトを多くの人に知ってもらうために、SNSで発信をして認知度をあげましょう。

イーサリアムチェーン以外で販売しているから

NFTをイーサリアムチェーン以外で販売すると、売れる可能性が低くなります。

なぜなら、他のチェーンに比べてイーサリアムの方が利用者が多いからです。

たとえば、人通りの多い街中で店を出すのと、人の少ない田舎で店を出すのでは利用者の数が大きく違います。

NFTはイーサリアムチェーンのユーザーが1番多いので、売るときはイーサリアムチェーンで販売しましょう。

【成功例】参考にすべきNFTプロジェクト

【成功例】参考にすべきNFTプロジェクト

日本国内の参考にすべきNFTプロジェクトを2つ紹介します。

人気のあるNFTを目指すためには、成功しているNFTプロジェクトを参考にするのが近道です。

下記が参考にすべきNFTプロジェクトです。

参考にすべきNFTプロジェクト
  • 【CNP】CryptoNinja Partners
  • 山古志村NFT【デジタル住民票】Nishikigoi NFT

今から紹介する2つのコレクションは、先ほど説明した戦略を含め、個々それぞれ特徴的な戦略があります。

是非、参考にしてみてください。

【CNP】CryptoNinja Partners

引用元:CryptoNinja Partners公式サイト

【CNP】CryptoNinja Partners(クリプトニンジャパートナーズ)はCNPと呼ばれる、国内で1番人気のあるNFTコレクションです。

コレクション名CryptoNinja Partners
リリース日2022年5月15日
初期販売価格0.001ETH(当時価格で約260円)
発行数22,222点
公式サイト公式サイト
公式X(旧Twitter)公式X
公式Discord公式Discord
OpenSea公式OpenSea

調べた結果、CNPが成功したポイントは次の7点です。

1.マーケティングリサーチ
2.供給のコントロール
3.日々の発信
4.コミュニティの運営
5.二次創作の推奨
6.国内外への営業活動
7.話題になるキャンペーンの実施

成功しているプロジェクトは、マーケティングに力を入れているのがわかりますね。

山古志DAO【デジタル住民票】Nishikigoi NFT

OpenSea Nishikigoi NFT

引用元:OpenSea Nishikigoi NFT

山古志DAOのポイントは、Nishikigoi NFTを所有していると山古志村のデジタル村民になれることです。

Nishikigoi NFTが売れた理由として、デジタル村民という付加価値のついているところが世間的にも新しいからです。

山古志村のデジタル村民になると、「山古志DAO」と呼ばれるコミュニティへのアクセスが可能になり、リアル村民とプロジェクトの議論や企画の提案ができます。

NFTに付加価値をつけているのが、成功した1つのポイントなんですよ。

【実践すべき成功のコツ】売れるNFTへのロードマップ

【実践すべき成功のコツ】売れるNFTへのロードマップ

ここからは実際に売るまでの流れを解説していきます。

売れるNFTへの戦略は一定の期間を用いて、販売前の下準備をするのが重要です。

販売までの流れをまとめました。

ポイント
  • プロジェクト化してロードマップを作成する
  • 可能であればチームを組む
  • NFTの最新トレンドを取り入れる
  • コレクションのコンセプトを決める
  • ターゲットを絞る
  • プロモーション活動をする
  • 作品は説明文は英語で作ろう
  • SNSで発信をする
  • 特典やサービスを付与する
  • イーサリアムチェーンで売る
  • 安い価格で販売する

1つずつ詳しく解説していきますね。

STEP

プロジェクト化してロードマップを作成する

まずはNFTをプロジェクト化してロードマップを作成しましょう。

プロジェクトは目的を達成するための計画で、ロードマップは販売するまでの期間を可視化できます。

プロジェクト化する理由は、NFT制作の開始から販売後までの道筋を明確にできるからです。

また、ロードマップを公開すると信頼性のあるプロジェクトとして見てもらえる可能性が高くなります。

下の画像はNFTゲームのPolkaFantasy《ポルカファンタジー》のロードマップです。

引用元:X(旧Twitter)PolkaFantasy《ポルカファンタジー》


上の画像を見るとリリースするまでの道筋がわかりやすく計画されていて、見ている側もプロジェクトに期待感が持てますよね?
まずは販売までの計画をしっかり練りましょう。

可能であればチームを組む

NFTプロジェクトは可能であれば、チームを組み複数人で活動するのがオススメです。

チームを組む理由は、プロジェクトの成功確率を上げられるからです。

成功しているNFTプロジェクトには、軒並み多くの人が携わっています。

プロジェクトの担当を分ければ、販売までの期間を短縮できますし、多くの人が携わると認知度の拡大もスピーディーです。

チームを組むと、期待の持てるNFTプロジェクトを作れる確率が上がりますよ。

STEP

コレクションのコンセプトを決める

コレクションのコンセプトを決めましょう。

なぜなら、コンセプトを決めると信頼性が高くなるからです。

たとえば、先ほど紹介したBored Ape Yacht Clubのコンセプトは「猿」で統一されていて、作品に一貫性があります。

コンセプトがブレているとコレクションに統一性がなく魅力を感じられません。

売れているプロジェクトを参考にコンセプトを決めましょう。

NFTの最新トレンドを取り入れる

NFTのトレンドをリサーチするには、売れているNFTのランキングを参考にしてみましょう。

【売れている=人気がある】

リサーチ方法はOpenSeaのランキングをチェックします。

「Stats」をクリックしてさらに「Ranking」をクリックしましょう。

ランキングを見ると、Generative AIで作成したPFPsのNFTコレクションが多くランキングされています。

どのようなNFTが人気なのか共通点を探してみましょう。

ターゲットを絞る

販売する層を絞り、どのような人に売りたいのかターゲットを決めましょう。

なぜなら、ターゲットを決めると作品の方向性が定まりますし、宣伝方法もブレません。

たとえば、40代男性で昔のテレビゲーム機が好きな人なら、レトロなドット絵を好む可能性が高いです。

また20代でポケモンにハマっていた人達には、カッコ可愛いモンスターの絵が好まれやすいです。

作品のコンセプトを決めるうえで、ターゲットも併せて決めましょう。

STEP

プロモーション活動をする

NFTアートを売るためのプロモーション活動は必須です。

なぜなら、プロモーションは人々に商品やサービスなどを知ってもらい購買意欲を促進できるからです。

たとえば、先ほど説明したNFTプロジェクトのロードマップを告知したり、購入特典の宣伝をしたり、購入者のモチベーションを高められます。

売り出す前のプロモーション活動はしっかりしておきましょう。

SNSで発信をする

先ほど説明したプロモーション活動はSNSを活用しましょう。

なぜなら、SNSでの発信は多くのユーザーに認知してもらえるきっかけを作れるからです。

また、SNSはテレビCMや広告と違い、無料で宣伝ができます。

下記が多くのユーザーがいるSNSです。

・X(旧Twitter)
・Discord
・Instagram
・TikTok
・YouTube

NFTプロジェクトを多くの人に知ってもらうために、SNSで発信をして認知度をあげましょう。

エアドロップする

エアドロップとはNFTを無料で配布する企画です。

エアドロップする理由はクリエイターと作品の認知度を上げるためです。

たとえば「SNSをフォロー&リポストしてくれた方に無料で記念NFTをプレゼントなどの無料配布企画を行えば、認知度の拡大に繋がります。

エアドロップをすると、クリエイターと作品を知ってもらうきっかけになりますし、今後リリース予定であるNFTの期待感を高められます。

インフルエンサーとコラボ

インフルエンサーとのコラボは認知度の急拡大を期待できます。

なぜなら、インフルエンサーは多くのフォロワーを抱えているので、かなりの人数にアプローチができるからです。

たとえば、コラボしたインフルエンサーのフォロワーが10万人の場合、少なく見積もっても5万人以上に宣伝できるでしょう。

ただし、インフルエンサーとのコラボは簡単ではなく、相手側にもメリットがないとコラボの実現は難しいです。

まずはコラボしてもらえるようにコツコツと発信を続けて自身の影響力を高め、相手方にメリットを感じてもらえるようにしましょう。

STEP

特典や付加価値をつける

特典や付加価値をつけて認知度を拡大し、NFTを買ってもらいやすくしよう。

特典や付加価値はお得感や特別感があるので、買ってもらえる可能性が高くなります。

たとえば、下記が特典や付加価値の一例です。

・購入者は次回のNFTプロジェクトの優先購入権をプレゼント
・コミュニティ参加の権利がついてくる

特典を用意して魅力のあるNFTプロジェクトにしましょう。

STEP

NFTを販売する

実際にNFTを販売する時に抑えておきたいポイントが3つあります。

ポイントは下記の通りです。

ポイント
  • イーサリアムチェーンで売る
  • 作品の説明文は英語で作ろう
  • 安い価格で販売する

上記のポイントを詳しく説明します。

イーサリアムチェーンで売る

NFTを販売するときは、イーサリアムチェーンで販売しましょう。

イーサリアムチェーン以外の販売でよく見かけるのは、ポリゴンチェーンでの販売です。

なぜポリゴンチェーンではなく、イーサリアムチェーンで販売した方がいいのでしょうか?それは、イーサリアムチェーンの方が月間アクティブユーザーの数が多いからです。

下の画像を見比べてください。

Dune ETH月間アクティブトレーダー
Dune Polygon月間アクティブトレーダー

引用元:Dune

上の画像がイーサリアムチェーンで、下の画像がポリゴンチェーンです。

2つの月間アクティブユーザー数を比べるとイーサリアムチェーンが81,947、ポリゴンチェーンが46,988とイーサリアムチェーンの方が多いのが分かります。

ユーザー数の多い方がNFTを見てもらえる確率が高くなるので、イーサリアムチェーンで販売しましょう。

作品の説明文は英語で作ろう

作品の説明文は英語で記入しましょう。

なぜならNFT市場は海外シェアが大きいので、英語で表記した方が海外の人にもリーチし有利になるからです。

NFTアートは専門サイトで販売するのが基本で、専門サイトではNFTの販売時に名前や作品の説明文を記入する項目があります。

これらの部分を英語で記入するのが、NFTを売るコツの1つです。

下の画像はNFT専門サイトであるOpenSeaのCNPのトップページです。

CNPではコレクションの名称と作品の説明文が英語で表記されています。

OpenSea CNP

このように英語で表記して海外の方が分かりやすいように、細部にこだわるのも売るコツの1つです。

安い価格で販売する

NFTは安く販売しましょう。

たとえば、最初の販売は0.001ETH〜0.005ETH(240円〜1200円)ほどを目安に販売するといいでしょう。

下の表は実際にあるコレクションの初期販売価格です。

スクロールできます
コレクション名初期販売価格
CNP0.001ETH
LLAC0.001ETH
TMAs0ETH

今すぐに買っても負担に感じない価格に設定すると、購入して貰えるチャンスが増えます。

NFT市場の現状と将来性

NFT市場の現状と将来性

NFT市場の現状は現在低迷中です。

なぜなら仮想通貨が低迷中なので、それに釣られて下がっている形です

2023年の8月と9月の取引数を比較しました。

OpenSeaのイーサリアムチェーンでの取引数は、2023/8月では月間取引数125,921件でしたが、9月は月間71861件で5万件も減っています。

Dune OpenSea 月間アクティブトレーダー

引用元:https://dune.com/rchen8/opensea

しかし一方で、大手企業がNFT市場に続々と参入してきています。

日本経済新聞の記事によると、NFTをビジネステーマに取り入れた企業は116社もあるそうです。

また、SNSのアイコンにNFTを設定できるため、普及していく可能性があります。

今後も参入してくる見込みは高く、NFT市場の拡大に期待が持てるでしょう。

NFTを売買するならGMOコインがオススメ

NFTアートを買うならGMOコインがオススメです。

GMOコインなら、NFTアートを購入する時に必要なプライベートウォレットに送金する手数料がかかりません。

送金手数料が完全無料【GMOコイン】NFT取引にオススメ!

gmocoin
【取引所】
取扱通貨数
BTC取引高【取引所】
取引手数料

26種類

337 BTC

Maker:-0.01%
Taker:0.05%
送金手数料出金手数料口座開設
キャンペーン
無料無料最大10万円当たる
GET
  • 2023/12/12のBTC24時間取引高(https://jpbitcoin.com/調べ)
Good Point
  • 申込から最短10分で取引開始できる!
  • 送金手数料、入出金手数料が無料!
  • 取扱銘柄数は国内最大級いつでも欲しい銘柄が買える

GMOコインは各種手数料が無料。NFTの売買時に必要となる送金手数料もモチロン無料

信頼と実績のあるGMOインターネットグループなので、堅牢なセキュリティ体制でお客さまの大切な資産を守っています。

オンラインで「かんたん本人確認」してしまえば、申し込み後速攻で取引できちゃう!今すぐ始めたいならGMOコインがおすすめです!

NFTアートが売れないまとめ

この記事ではNFTアートが売れない理由と売るコツについて解説してきました。

最後にNFTアートを売るためのポイントをおさらいしていきましょう。

プロジェクト化する
・ロードマップを作成する
・コレクションのコンセプトを決める
プロモーション活動をする
特典や付加価値をつける

NFTアートを売るために最も重要なポイントは、マーケティングをすることです。

この記事で説明したマーケティングの施策をして、売れるNFTアートを目指しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたの役にたったのなら幸いです。

NFTアートが売れないについてよくある質問

NFTアートが売れない理由を教えてください。

NFTアートが売れない理由はマーケティングをしていないからです。

>> NFTアートが売れない9つの理由と対策

NFTアートを成功させるコツを教えてください。

NFTアートを成功させるには販売前からの下準備が重要です。

>> 【実践すべき成功のコツ】売れるNFTへのロードマップ

NFTを販売する時のポイントを教えてください。

実際にNFTを販売する時に抑えておきたいポイントが3つあります。

・イーサリアムチェーンで売る
・作品の説明文は英語で作ろう
・安い価格で販売する

>> NFTを販売する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロトレーダーの友人にすすめられて約10年前から少額でFX投資を開始。
金融相場で各種コインが暴騰する2021年から暗号資産投資も始めています。

現在は、ビットコインで短期トレードしながら、各種アルトコインで長期投資をやっています。
投機ではなく投資としてトレードと向き合いうため、できるだけ根拠を持ってエントリーと損切りに向き合うことがモットーです。
個人的には、レイヤー1に加えて、オラクルやインターオペラビリティに関するコインに注目しています。

目次